優先順位を考える


まず、やることの優先順位を考える。

これができていなかった。

とにかく儲けたい、稼ぎたいという気持ちばかりで、

情報を入手していた。

基礎ができていないと家も建たない。

なぜかそれがわからない。

お勉強は好きだったのに本質がわかっていない。

勉強もまず、基礎から。

九九がわからないのに高等数学が理解できるはずもない。

言葉をしらなければ、文章の意味も理解できない。

基礎的な単語の意味がわからず、外国語はわからない。

お勉強好きの悪い所がでている。

知識を得るのが楽しい所。これは危険。

インプットするだけでアウトプットしないと収入が発生しない。

江戸時代、商売人が学問にはまると店をつぶすという意味がよくわかる。

勉強嫌いな人には到底理解できないだろうが、

知識がついてくるとさらに知的好奇心が出てきて勉強や知識収集そのものが

目的になってしまう。

これでは稼ぐことができない。

福澤諭吉の言う実学が大事だということ。

もっとも、学者としてメディアに出ることで金儲けしている人もいる。

それは学問が儲けにつながっているとも言える。

自分の場合は、アフィリエイトで稼ぐための知識を学んで、

実際に試してみて、試行錯誤しながら作業していくしかない。

知識はあるが、結果が出ていないのは歯がゆいところはあるけれども。

失敗を繰り返しながらやっていくしかないのだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする