ネットビジネスは なぜうさんくさいと言われるのか



お忙しいところ、ブログに訪問いただき恐れ入ります。

ミギケンと申します。

2.3分お時間いただきブログにお付き合いいただければ幸いです。

昨日、外付けHDDのデータを消失した話を書いたら、結構アクセスが

あったみたいです。

レベルは違うけど、先日新山千春さんの炎上騒ぎでブログのアクセスが

増えた話を書きました。

人の不幸は蜜の味じゃないけど、失敗話の方が受けるみたいですね。

それは、自分の自慢ばかりしている人の話はうざいですけどね。

たまには、これだけ儲かったと自慢してみたい、、、W

まあ、それは冗談ですけど。

ネットビジネスはなぜ うさんくさいと言われるのか

アフィリエイトのブログは「こんな貧乏だったけど儲かりました」というのが

多いんですよ。

そうじゃなくて、どうやって何をしたからこう結果が出て、これをやったら失敗したという

過程がみんな知りたいんですよ。

一番知りたいところが、有料のセミナーでとかこの塾でとか言うから参加したら

当たり前の事しか言わないとか、マルチ商法まがいのことを押し付けるから詐欺とか

言われるんですよ。

もちろん、努力もせずに儲けようというスケベ心も悪いとは思いますけどね。

ネットビジネスで儲ける基本的な情報は大体出ています。

せどりや輸入、輸出の物販だったら安く仕入れて高く売る。

アフィリエイトだったら、見込み客を集めて販売してリピートしてもらう。

この中で必要なスキルを自分で身に付ければいいわけです。

結局は自分で努力するしかないです。

予備校に入学したら何もしないで希望の大学に合格できるわけないですよね。

ネットビジネスも同じ、いい教材買ったから、有名な人の塾に入ったから

稼げわけではないです。

普通に考えてビジネスですから、商売です。

当然泥臭いところもあります。

ネットビジネスは成功した(と言っている)人が簡単、簡単言い過ぎw

それは彼らのセールストークですよ。

でも、リアルのビジネスより合理的・効率的なのは間違いないです。

コツコツ真面目に正しくやっていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする