稼ぐためには見込客に興味を持たせる

Pocket


お忙しいところ、ブログに訪問いただき恐れ入ります。

ミギケンと申します。
2.3分お時間いただき、
ブログにお付き合いいただければ幸いです。

読者に興味を持たせるには

先日、ある人のセールスレターを見ていたら、

「メルマガの情報発信は読者に興味を持たせることを書け」
みたいな事を書いてあって、その通りだと思うのですが。
それが一番難しいですね。

小説家も漫画家もお笑いも、それをアピールしてるわけですね。
そんなレベルの高いところでなくても、

自分の中で何か人を惹きつける面白い話があるはずと考えます。
自分のビジネスと人が興味ある話題とを何とか結びつける
つかみ(話のきっかけ)が大事ということと理解しました。

こう考えると高校時代、柔道部の先輩に「面白い話して笑わせろ」
とムチャブリされた時、真剣に考えてたらよかったと思います。
相手が面白いと思うのはどんなことなのか?
考えられたので。

ある意味、新規の見込客へのアプローチは、
ふんぞり返って座っている先輩方を自分の喋りなり芸で
大笑いさせるようなものですね。

その時、自分はお笑い好きやったけど、「おもろない」と
先輩に一刀両断されて、へこんでました。

われわれ1年坊主がみんな、玉砕するなか、
必ず呼ばれるのが2年生のS先輩でした。
この方は柔道も強いのですが、愛嬌のある顔で好かれて
いました。

3年生からのリクエストで
S、親父の海(当時流行した演歌)歌え
と言われてS先輩が歌うのを聞いて
毎回、みんな3年生は大爆笑してました。

S先輩の歌はホントにひどい音程はずれなんです。
わかってても面白い。笑ってしまう。
いわゆる鉄板の爆笑ネタでした。

志村けんさんがテレビのインタビューで答えてました。
「自分は毎回同じ定番で分かっていても笑いが取れるものが好き」
確かに、定番で分かっていても笑いが取れるならすごい武器ですね。

ここに来たら絶対にはずさない武器を持つことがスポーツでも
ビジネスでも重要だと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?
人とは違うものを持つことで、
見込客があなたを選ぶ理由になります。

USP(ユニーク・セールス・プロポジション)と
言ったりしますが、他の人にはないメリットが
あなたの商品やサービスにあれば、
それをアピールしていきましょう。

そんなものはないと思われるかもしれません。
客観的でなくてもいいと思います。
世の中の商品を見ても、
首をかしげるようなキャッチフレーズもあります。

小さな狭いジャンルでトップになれば
その実績をアピールしてもいいでしょう。

ブログランキングなどを利用している
ブロガーやアフィリエイターも実際いますよね。
調べてみて参考にしてください。

あなたなりのUSPを打ち出して
集客や販売につなげましょう。