しくみを作った人が儲けている


お忙しいところ、ブログに訪問いただき恐れ入ります。

ミギケンと申します。

2.3分お時間いただきブログにお付き合いいただければ幸いです。

売れるしくみを作った人が儲けている。

ビジネスでは、売れるしくみを作った人が儲けています。

会社では組織として動くので大きな売上を生み出せる。

例えば、マクドナルドは創業者のレイ・クロックがハンバーガーの

フランチャイズを販売することで巨大な企業になりました。

現に彼は「自分のビジネスは不動産業だ」と言いました。

そんな大企業でなくても、ネットビジネス特にアフィリエイトは

仕組化することで稼げるビジネスです。

SNSなどを使いブログに集客して、そこで販売したり、

メルマガやステップメールに誘導して販売したり、リピートして

もらったりする。

集客・販売・リピートという一連の流れは、リアルのビジネスと

同じです。

なぜかネットを介すると胡散臭いと言われるのか?

もちろん、情報商材のセールスレターで胡散臭いのはありますが。

輸入転売などでも個人でやれば「ぼったくり転売屋」などと

揶揄されるのに、大手商社のブランドバッグなど外国の倍以上する

ものを平気で買って喜んでいる。

話がそれましたが、しくみを作ってしまえばある意味効率的に

稼げますね。

私の場合は会社というしくみの中で仕事をしていたので、

効率よく使われてましたが。

会社員でも副業として売れる・儲かるしくみをつくることで

経済的な自由を獲得できます。

その後は、会社に勤めても独立してもいい選択の自由が得られます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする