ネットで稼ぐためには自分を出すこと 他人を気にしてもしょうがない

Pocket

お忙しいところ、ブログに訪問いただき恐れ入ります。

ミギケンと申します。

2.3分お時間いただきブログにお付き合いいただければ幸いです。

みんなに好かれるわけがない

ブログを書く時、自己主張を強く打ち出すと
たいてい嫌われますね。

だから、当たり障りのない事だけ書くようになる。
そうすると、全然おもしろくない記事になるので
売れない。

自分もホンネが言われないので、
ストレスたまってブログ書けなくなる。

ブログ途中でやめてしまう。
結果儲からない。
という悪いスパイラルにはまってしまいます。

前にも書きましたが、
芸能人でも売れてる人はアンチが多いです。

芸能人でもない一般人が、
当たり障りないこと書いて誰も興味を持たないし、
まして読んでもくれません。

誰しも嫌われるのは辛いし、痛いものです。
好き勝手書いて嫌われたり、
売れんかってもしょうがないと諦めついますが、

みんなに好かれよう、
嫌われんとこうと思って好かれないのは、
かなりつらいと思います。

好き勝手に書いても炎上しない理由は

でも、安心してください。
好き勝手書いてもまあ嫌われません。
誰も見てないから

そんなどこかの芸人のTwitterみたいに
もしも、あなたのブログが炎上するなら、

あなたのブログは、
めちゃめちゃ儲かっているはずです。

芸能人たちの
あの炎上マーケティングというか、
バズ(口コミ)は勉強する価値ありです。

一時期Facebookで政治のことをよく書いていたので、
友達からはずされまくりました。

ビジネス系特にネット起業家は、
政治に興味ない人多いのか、
意図的に政治の話を避けている人が
多いと感じます。

まあ、政治なんかに時間取られるより、
金儲けして自由になった方がいい、という
考え方なのでしょう。

政治に興味ある人は金儲けを軽蔑してる態度だし、
本当はそうではいけないのだと思いますが。

真面目に政治や国民の生活考えたら、
国や会社に依存して奴隷になるのではなく、
ひとりひとりが独立して、
自分の生活を築いていくのが重要だと
あの福沢諭吉先生も言っています。

まあ、私自身、福沢もそうだけど、
資本主義を否定はしてなかったけど、
舐めていたというか、
昭和50年代の一億総中流社会に
幻想を見ていたというか
現実を見ていませんでした。

当時は勉強していい大学、
いい会社に入れば幸せみたいな
洗脳教育がデフォルトでした。

バブル崩壊以来、
若い世代でも公務員が、
なりたい職業の1位らしいです。

金が欲しいわりに、
金のことを話題にするのは、
恥ずかしいという風潮がまだあります。

最近はFacebookでも、
ビジネスの話題をしているのは、
もっぱらネットビジネスの起業家で

それ以外の人はプライベートの話題しか
ダメみたいな雰囲気があります。

もっと自由に書いたり、
言ったりしていいと
思います。

まとめ

あなた自身の情報発信では、
自分を出して嫌われても、
いいじゃないでしょうか?

案外、本音で付き合える人と、
友達になれるかもしれませんよ。

あなたのことを面白がってくれる人は、
どこかにいます。

人生は過ぎるとあっという間なんで、
我慢してたらもったいない。

自分を出していきましょう。
その方が儲かると思います。