相手に伝わらないなら言ってないのと同じ

Pocket

major-fareast;mso-hansi-theme-font:major-fareast”>分お時間いただきブログにお付き合いいただければ幸いです。

職場や家庭でコミュニケーションは取れていますか。

あなたの思いは相手に伝わっていますか。

ビジネスは価値を提供する対価としてお金をもらいます。

大前提として、自分の真意が相手に伝わらなければ、

お金をもらうどころの話じゃありません。

そう考えると、説明が下手な人が多いですね。

というか、相手に伝えようとする意思さえない輩が

多すぎる。

プライベートや全くの他人なら、そんな輩はほっといていいですが、

仕事や近親者でそんな人間がいるとやっかいですね。

伝わらない事で重大なミスがあったり、

お互いが嫌な気持ちになったりすることもありえますね。

相手に伝える気がない人というのは、結局甘えているんですね。

めんどくさがって、相手にわかってもらおうとする努力をしない。

はっきり言ってそれは赤ちゃんです。

赤ちゃんは自分の意思を言葉で伝えられないから、

泣いたり、叫んだりしてして周りを動かそうとします。

いい年したおっさんでも、こんな赤ちゃんレベルの奴がいます。

特に大企業や役所に多いですが。

自分としては相手に伝わらなければ、言ってないのと同じ

と思っています。

お客さんだけでなく、話す相手や読む人に伝わる話や文章に

していきたいと常に思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする