稼ぐのに重要なのはお客さんの欲しいものを売ること

Pocket

みんな売り込まれるのが嫌い

お忙しいところ、ブログに訪問いただき恐れ入ります。
ミギケンと申します。

このブログでもよく話題にしているセールスですが、
本当にみなさん営業って嫌いですよね。

最近、耳にしたのはある大手企業関連会社の営業部門で
新規営業訪問したところ、
お客様センターにクレームが来て電話も訪問もしないで
欲しいと言われたとか。

うちにもたまにNTTとかJCOMとか営業に来ますが、
さすがにクレームは入れないなw
営業できんやんw

要するに、「自分の都合で買いたいから売り込んでくるな」
ということでしょうね。

確かに今は共働きの家も多いし、平日の日中は留守が多い。
それに加えて家に訪問したらクレームくるようじゃあ
営業は仕事できませんな。

必要な時はショップに行って自分で気に入ったものを買う。
もしくは、ネット通販で買う。

売り込まずに買ってもらう

営業は法人向けしかなくなるかもしれないですね。
ここでも、大事なのはお客さんの欲しいものを売る、
これにつきますね。

家に営業に来られて嫌な奥さんが、
ご自分の好きなブランドや芸能人や食事には喜んで
お金を払っていますから。

特に、中高年の女性は、
テレビ通販が好きな人多いですねw
あれもうまいですw
必要ないものを欲しがらすのがw

まあ、そうやって相手に欲しいと思ってもらわないと
売れないということですね。

日本の企業はあいかわらず、
訪問営業が好きみたいですが、

そろそろ、営業方法を全面的に
変更した方がいいようですね。

インターネットやダイレクトメール
チラシなどを利用して
レスポンスがある所に訪問する
その方が効率がいいでしょう。

新規の見込客を開拓すると同時に、
既存のお客さんの購入回数や
購入金額を増やす努力をする。

既存のお客さんに
新しいお客さんを紹介してもらうなど、
新規顧客をガリガリと強引に
営業する必要がないようにする。

そうすることで、
新規の見込客に余裕を持って
提案できるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今まで日本では、
商品やサービスが不足していたため、
どんどん営業をかけて、
販売していました。

今は、モノが溢れていて、
どこでも買うことができます。

また、生活必需品は極端に言えば
100円均一の店でも全て
揃えることができます。

お客さんからすれば
選び放題なわけで、
強引な売り込みは
うるさいだけなんですね。

お客さんが興味を持って
欲しいと思うものを
提案して、買ってもらう
というのが儲ける秘訣である
と思います。

今回は以上です。
次回もよろしくお願いします。
ミギケンでした。