安定した仕事はない、自分の力で稼ぐのが安心

Pocket

ミギケンと申します。

安定した暮らしを望む人は多い。

そのために幼い頃から勉強していい大学に入り、

いい会社に就職する。

そうすれば定年まで会社から給料を貰えて安定した

生活を送れる。

自分が子供の頃はそういった考え方が一般的だった。

特に大手企業に勤めていて学歴のない親は

自分が年の若い大卒に出世競争で抜かれていくことに

悔しい思いをしたのだろう。

子供にいわゆる英才教育をして私立中学への受験を

させていた。

同級生にも何人かそんな子供がいた。

自分の母親は公務員を勧めていた。

自分の好きなことは趣味でやり、

仕事は安定した役所に勤める、

そんな考えだった。

実家のある市の市役所に勤めて実家から通勤する。

そんなことではいつまでも親離れできない、

と思って都会に出た。

就職した頃はバブル時期だったので、

民間企業に行く友人も多かったが

役所に勤める人もいた。

今考えると役所だろうが大企業だろうが考え方は同じだ。

要するに安定した職場(企業・役所)で勤務したいということだ。

仕事はどっちみちしんどいものだから、

給料がよく福利厚生がいい所に勤めたい。

楽しみはプライベートで行えばいい、という考え方。

最近の若者や自分の娘の言動を見ても感じるのだが、

安定試行が強いと感じる。

何かのアンケートでも終身雇用を望む人が多いとのこと。

しかし、今の時代に安定とは信用できるのだろうか。

大手企業でも為替や世界経済の状況で利益が大きく変わる。

そして仮に会社が安定して業績を伸ばしていたとしても、

ブラック企業だったり、社内での人間関係で心身を病み、

こころならずも退職を余儀なくされる可能性も多い。

これがはたして安定といえるのだろうか?

本当の安定とは会社の給料に依存しないで

自分で稼ぐ力を持つことではないのか。

その力があれば、自分で起業するだけでなく、

就職しても新規顧客を獲得できるので稼いでいけるだろう。

そういう意味でネットで稼ぐことを学ぶのは、

起業しようとも、就職しようとも人生を切り開くパワーに

なるに違いない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする