見込み客に最適なメッセージを伝える


お忙しいところ、ブログに訪問いただき恐れ入ります。

ミギケンと申します。

2.3分お時間いただきブログにお付き合いいただければ幸いです。

相手が欲しいものを考える

昨日、喋りすぎると相手は黙ってしまう、という話を

しました。

今日は意識して黙っていると、相手から話かけてきました。

うーん、やっぱり普段は喋りすぎだな。

相手の立場に立って考えることは、人間関係では重要です。

見込み客の理解なしには商品やサービスは売れない

ですよね。

対面の営業であれ、文章であれ見込み客を理解しなければ、

販売の一歩にもなりません。

ネット上には、さまざまな情報が溢れていますが、

ビジネスの本質は、

見込み客を集めて、購入してもらい、リピートしてもらう

だけです。

そのために、あなたのメッセージ最適なマーケット

ターゲットに向けて発信することが必要です。

やみくもに広告を打つのではなく、あなたのお客さんがいるマーケットのターゲット

(見込み客)に向けて、最適なメッセージ(広告)を伝えることが大事だという事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする