ネットで稼ぐためには見込客に最適なメッセージを伝える

Pocket

are you ready concept with related words cloud hand drawing on blackboard


お忙しいところ、ブログに訪問いただき恐れ入ります。
ミギケンと申します。
2.3分お時間いただき、
ブログにお付き合いいただければ幸いです。

相手が欲しいものは何かを考える

先日、自分が喋りすぎると相手は黙ってしまう、
という話をしました。

今日は、私も意識して黙っていると、
今度は相手から話かけてきました。

うーん、やっぱり普段は喋りすぎですね。

相手の立場に立って考えることは、
人間関係では基本的なことで重要です。

見込客が興味を持ってくれて、
納得しないことには商品やサービスは売れない
ですよね。

店舗などの対面の営業であれ、
文章の販売であれ、見込み客を理解しなければ、
販売の一歩にもなりません。

ネット上には、さまざまな情報が溢れていますが、
ネットでもリアルでもビジネスの本質は、
費用効果的に見込み客を集めて、
購入してもらい既存客になってもらう。
既存客にリピートしてもらい、固定客に
なってもらう。

この一連の流れの繰り返しです。

そのために、あなたの商品やサービスの
コンセプトやベネフィットを
最適なターゲットとなる見込客に向けて
発信することが必要です。

見込客を集客するために、
やみくもに広告を打つのではなく、
あなたのお客さんがいるマーケットのターゲット

(見込み客)に向けて、
最適なメッセージ(広告)を伝えることが
大事だという事です。

まとめ

いかがだっtでしょうか?
ネットでもリアルでも儲けるためには、
商品やサービスを販売しないと
いけません。

そのためには、見込客の集客が
第一となります。

販売するお客さんがいないと
どれだけ良質な商品、サービスがあっても、
どんなに優れたセールスマンがいても
販売できないですよね。

見込客に興味を持ってもらうのは
どうすればいいのか?

リアルの店舗なら看板やチラシなどの
広告宣伝になりますし、
ネットビジネスなら、ブログやメルマガの文章、
特にタイトル、見出し、キャッチコピーに
なります。

見込客に興味を持ってもらって
訪問してもらったら、
どのようにして購入してもらうのか?

それがお客さんにあなたの商品、サービスを
気に入ってもらい、購入するメリットを
感じてもらう必要があります。

購入後は商品、サービスの中身に
満足してもらって再びリピート購入して
もらうようにしていきます。

このようになると、
あなたのビジネスは安定して
いきますね。

あなたのビジネスもこのような
仕組み作れるようにしていきましょう。