ネットで儲けるためには固定観念を持たないこと

Pocket


お忙しいところ、ブログに訪問いただき恐れ入ります。

ミギケンと申します。

2.3分お時間いただきブログにお付き合いいただければ幸いです。

人と同じことをしていては儲からない

人は固定観念の中に生きています。
特に日本人は人と違うことを嫌い、同じことを好みます。
自分なりの考えではなく、周りに合わせた言動をします。

これは、学校生活でずっと刷り込まれてきたことで、
就職してからは、会社にとっては扱いやすい社員になります。

学校では正解をただ暗記することが、
よい成績につながるので、
自分で考えたり、疑問を持つことは
勉強が進まないことにつながり、
落ちこぼれてしまいます。

会社においても、自分で考え、
顧客のためによいことをしても

会社の方針と違うことをすれば、
評価もされずに下手をすればクビに
なることさえあります。

大企業の不祥事は、
マスコミで取り上げられ、大問題になってから
大騒ぎしますが、
その渦中の会社では、
それまで当然のことのように行われて
いることが多いです。

日本の会社はブラックボックス

小沢一郎がかつて言ったように、
「官庁と大企業はブラックボックス
で世間の法律など関係なく
組織の善悪だけで動いている」わけです。

今でこそあまり言われなくなりました、
自分が若いころは年上の連中が、
「それは常識だろ」とか
「それは理屈だ」とかわけのわからないことばかり
言っていました。

そもそも常識とは何でしょう?
それは、言っている人にとって都合のいい
「常識」でしょう

さらに問題なのは、
「それは理屈だ」という言葉です。
これどう思いますか?

よく聞いてみると
「(おまえの言っていることは)理屈としては正しい(が感情として俺は認めん)」
ということらしいですw。


ビジネスを行う上で
経済的に合理的なことではなく、
無能な上司の感情論で
仕事が進められてきたわけです。

こんなばかなこと言ってきたので
多くの企業では、仕事のできる人間から
退職していきました。

それでもバブル崩壊後、
リーマンショックまでは、
企業もなんとか持ちこたえていました。

最近では、不況のせいで、
こんな無能なパワハラ上司は
さすがに少なくなってきましたが、
大企業や役所では、未だに生息しているようです。

そろそろ、本当に企業も体力がなくなってきて、
余剰な人を抱えられなくなってきています。

あなたも、すぐに、会社をやめる必要はありませんが、
どんな大企業でもリストラの可能性
はあります。

どんな状況になっても会社の看板や肩書だけでなく、
自分で稼ぐ力をつけていおいた方がよさそうです。

まとめ

自分で稼ぐ力をつけておけば、
いざという時に会社を辞める時にも
あわてることはなくなります。

嫌なら自分で起業してもいいし、
同業他社や他業種に転職してもいい。

1つの会社でしか通用しない
ものではなく、
ビジネスの原理原則を学ぶことで
ビジネスにおいて応用がきくように
なるので、今後の人生にも
役立つと思いますよ。