お客がお金を払う理由を作ってあげる なぜおみくじを買うのか?

Pocket

なぜ、あなたはおみくじをかうのか?

あけましておめでとうございます。
ミギケンです。
今年もよろしくお願いします。

今日初詣に行ってきました。
その時に感じたことを書いてみます。

あなたは初詣に行った時、おみくじを引きますか?
引く人はなぜ、引くか考えたことはありますか?

「初詣に行くとおみくじを引くのは当たり前」ですか。
そうですか。

こんなことを言うとバチが当たるかもしれませんがw
おみくじって利益率すごい高いとおもいません?
紙に文章かいて100円とか300円とかで
売っているわけですよね。

信頼されていれば買ってくれる

お客さん(と言っていいのかわかりませんが)も
値切ったり、けちつけたりしない。
買うお客さんは、なんの疑問もなく、
買っていきますよね。

信じ込ませたら勝ちというか。
長い時間かけて、おみくじは信用できる
というブランドを確立しているわけですね。

要するに、お客さんが満足していたら
商品の内容とか価格など、
関係ないということですよね。

顧客との信頼関係ができれば、
何をオファーしても価格が妥当と判断すれば
商品を買っていく。

これは、顧客の教育だと思うんですよね。
今年は、1人でも多くのお客さんと
信頼関係を作っていこうと思います。

まとめ

お客さんとの信頼関係ができれば、
強引なセールスをする必要もなく、
商品やサービスが売れていくわけです。

多くの芸能人や宗教家、
高級ブランドのメーカーにおいて
顧客の教育がちゃんとできているので

多くの顧客が喜んで
お金を支払っているわけです。

ネットビジネスにおいても
いわゆるカリスマと言われる
起業家たちが、多くの信者に

商品を販売しているという
現実があります。

自分がよければ
いいのですが、
ネットビジネスの場合、
やはり自分の力で稼ぐことが
目的だと思いますので、

手段と目的を間違わないように
しましょう。

情報起業家だけではなく、
カリスマと呼ばれる人々は
多いので学ぶことは、
たくさんあると思います。

マーケティングやセールスの
テクニックはいいところは
真似て、悪いところは捨て
自分のビジネスに生かして
いきましょう。

顧客との信頼関係を築くことで
あなたのビジネスはより安定した
ものになることは
間違いありません。

顧客に信頼されるような
情報発信を行って、
信頼される関係を築いて
いきましょう。

では、また。

ミギケンでした。