「ゲスの極み」と「乙女」 真逆のものに人は興味を持つ

Pocket

人はギャップに惹かれる

ミギケンです。
先日、ミュージシャンとタレントの恋愛スキャンダルを
きっかけにして、ビジネスの事を
ブログで書きました。

ゲスの極みという言葉
今回は、バンド名を取り上げます。

真逆のものを結びつける

自分は言葉に非常に興味があるのでw
「ゲスの極み乙女」
というフレーズ自体が面白い、
興味を持ちます。

ネットの辞書で調べてみると
ゲス
げす【下種・下衆・下司】
心がいやしいこと。そういう人。
「―の勘繰り」
おとめ
【乙女/少女】
年の若い女。また、未婚の女性。
むすめ。しょうじょ。処女。
「―の悩み」などの意味が書いてあります。

このフレーズは、メンバーが持っていたカバンに
書かれていたらしいんですが、
インパクトがあり、印象に残りますね。

「ゲスの極み」と「乙女」という
真逆の言葉を組み合わせることで、
人の興味を引くことは
コピーライティング的には定番ですね。

そうやってまず、バンド自体を知ってもらう。
歌詞や曲のクオリティーやタレント性は
もちろん大事ですが、

まず、観客に知ってもらわなければ
始まらないところがあります。

そういう意味でこのバンド名のネーミング
見事だなと思ったわけです。

悪名は無名に勝る

芸能人は悪評も評判のうちで、
嫌われるよりも無視されたり、
忘れられる方が厳しいと思います。

そのため、炎上マーケティングを
意図的に起こしている芸能人も
いると言われます。

一般人では、なかなか話題になる事は難しいですが、
芸能人のマーケティングは参考になりますね。

まあ、Twitterで馬鹿な行動をアップして、
炎上したいとは思いませんけどw
ギャップを作って興味を持たせることは大事だと再認識しました。

まとめ

人の興味を惹くためには、
真逆のものを結びつけて、
ギャップを持たせる方法があります。

誰でもが考える平凡なものでは、
多くの人はなかなか興味を
持ってくれないからです。

芸能人にとっては、
スキャンダルなどで炎上することも

話題になるという意味では
話題にならないことより、
重要であることがわかります。

一般人の場合は、
芸能人のように、
炎上が利益となるとは
限りませんが、

マーケティング戦略の1つとして
学ぶところが多いにあると
考えています。

人が興味を持ち、
話題にしたいのは
どんなことであるのか?

そのことを深く考えることが
あなたの情報発信にとって
プラスになることは
間違いありません。

今後とも、有益な情報を
発信していきたいと思っています。

よろしくお願いします。
では、ミギケンでした。

ここでもブログ書いてます。↓

ネット副業で1から簡単に儲ける方法