相手に伝わる言葉で伝える ドナルド・トランプに学ぶ人を引き付ける方法

Pocket

ミギケンです。

今日もよろしくお願いします。

今話題の人といえば、ドナルド・トランプです。

ご存じですか?

アメリカ共和党の大統領候補で
様々な暴言でエリート層からは嫌われていますが、
プアホワイトと呼ばれる貧しい白人層からは絶大な支持
を得ています。

トランプの人気の理由はいろいろと分析されています。

その中で最も重要なことは、

わかりやすい言葉で伝えている

ということです。

ある分析によると、彼のスピーチは
小学校4年生が理解できる
単語を使用しているそうです。

小難しいことを言わず
簡単な言葉で簡潔に伝える。

だから多くの人に伝わる
わけです。

どんないいメッセージや内容でも
相手に伝わらなければ
言っていないのと同じになります。

彼は、有能なビジネスマンですから
選挙もビジネスと同様に
相手にいかに伝わるかを考えて
戦略を立てたのでしょう。

暴言もマスコミの注意を引くために
わざと行っているのかも
しれません。

まさに、ビジネスの集客と
同じ考えですね。

まず、興味を引くように
挑発的な言葉で煽って
わかりやすい言葉で
話を聞かせる。

聴衆の不満は前もって
リサーチ済みなので
喜ぶようなスピーチを行い、
支持者を増やしていく。

トランプが最終的に
アメリカの大統領に
なるかどうかは
わかりませんが、

彼の手法は
ビジネスを行う上で
大変参考になります。

ミギケンでした。

こんなブログも書いています。
ネット副業で1から簡単に儲ける方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする