相手が聞く気がなければあなたの提案は受け入れられない

Pocket

ミギケンです。
今日もよろしくお願いします。

今日のタイトルは自分の反省も含めてw
書いてみました。

このブログも読まれているんですかねw
というツッコミはいいとして。

相手にとっていくらいいこと、有益なことを
言ったとしても

相手が聞いてなかったら、そもそも聞く気がなかったら
まったく効果ないですよねw

親子関係で考えると分かりやすいですかね。

親は子供のことを心配していろいろと
注意したりする。

子供は文句を言われているとしか思えなくて
注意に対して反発して受け入れない。

注意してくれた親が亡くなって
自分が親になった時にやっとわかるというw
それは私なんですが。

昨日も書きましたけど、
セールスの場合、見込客が自分ごとと
感じなければ話すら聞かないでしょう。

まず、自分に関係あると興味を持ってもらわないと
スタートラインにすら立てません。

だから多くの企業が広告にお金をかけて
知ってもらおうとするわけです。

今はテレビCMの効果もないことが
だんだんバレてきましたけどw

今はネットが発達してきたせいで
いい商品や内容があるコンテンツは
拡散するようになってきましたね。

ちょっと話が飛躍するかもしれませんが、
今回それを感じたのは参議院選挙でした。

青山繁晴氏という自民党の比例区から立候補した方
組織も動員せず48万票以上取って当選しました。

もちろん、テレビに出演されたり出版されたりと
一部では有名ではあった方ですが、タレント候補の
知名度とは比較にならないくらい知名度はないです。

自民党公認や週刊文春による選挙妨害ともいえる
誹謗中傷記事がかえってPRになったという幸運も
あったとは思いますが、結局青山さんがやったことは

演説だけです。それもよくある大声で名前を連呼するだけの
ものではなく、自分が今までしてこられたこと、
今後していくことを話しているだけ。

ただ、昔と違うのはそれを映像で取ってYouTubeにアップしている。
ネットがあれば世界中で視聴できる訳です。
実際、YouTubeのコメントでも東京・大阪以外でも海外でも
投票した人がいたみたいですね。

ビジネスでもネットで稼いでいる人はすでにやってますね。

いいコンテンツを作れば後は集客というか、
見込客を連れてくるだけですから。

ネットビジネスは内容のないものを
コピーライティング力で煽って売りつける
というイメージが先行しています。

DRMって本来そうじゃないですよね。

いいものを紹介する。
納得したら買ってみてw

というのが本来のノリじゃないですか。

売り込まなくても売れる

そうしないと今後は売れていかないと
思っています。

ではまた。

ここでもブログやってます。

メルマガもやってます。