見込客に信頼され行動させる文章を書くためには何が必要か

Pocket

あなたの文章が読まれるためには

こんにちはミギケンです。

今日もよろしくお願いします。

文章で商品を販売したり、人に行動を起こさせるためには、
どうしたらいいでしょうか?

まず、前提としてあなたの文章を読んでもらわなければ
なりません。

そして、読んでもらって、その文章の内容を信じてもらわなければ、
人は行動を起こさないですね。

コピーライティングでよく言われる3つのNot
Not Read 読まない
Not Believe 信じない
Not Act 行動しない
というものがあります。

ネット上ではまず、サイトや文章に気づいて訪問し、
読んでもらわなければいけません。

その場合、大事なのはキャッチコピーです。
サイトの場合なら、見出しがこれにあたります。

そして、読んでもらった後は信じてもらう
必要があります。
ここで重要なのがストーリーです。
文章の物語性ですね。

人はストーリーを信じる

人は物語(ストーリー)が好きです。
ストーリーがあると何か根拠や証拠がなくても信じてしまいます。

マンガや映画、小説はストーリーは、ストーリーの面白さで
読者や観客をひきつけ最後まで物語を続けていきます。
もし、ストーリーが重シルクなければ、読者や観客は
途中で読むことや観ることをやめてしまうでしょう。

テレビCMも最近はストーリー仕立てのモノが多くなってきました。
ダイエット商品や投資などはこの方法で視聴者を引き付け、販売します。
まずは興味をもってもらわないと買ってもらえない、と考えたのでしょう。

まあ、直接的に売り上げに結びついているかはわかりませんが。
一般的に人は平凡な生活をしているので
何かワクワクするようなストーリーに惹かれるのでしょう。

自分自身を考えてみると苦しい状況から苦労して成功する、
といったストーリーに惹かれていく傾向があります。

感情を揺さぶることが行動につながる

人は感情で購入を決め、行動します。
あなたが、見込客に購入という行動を起こして欲しいなら、
見込み客に対してどれだけ感情を揺さぶれるストーリーを提示することが
見込客の行動、つまり販売につながります。

まとめ

どんな文章を書けばいいと悩んでいるなら、
あなた自身のストーリーを書いてみましょう。
賛同してくれる人はいますよ。
それが、ほかの人にないあなた独自の
文章になり、見込客の行動につながります。

ここでもブログ書いてます↓
ネット副業で1から簡単に儲ける方法

神話の力 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)/早川書房
¥1,080
Amazon.co.jp

千の顔をもつ英雄〔新訳版〕上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)/早川書房
¥799
Amazon.co.jp

神話の法則・ライターズジャーニー

物語の法則 強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする