あなたのブログに興味を持たせるにはどうすればいいのか?

Pocket

ミギケンです。
今日もよろしくお願いします。

興味がないものには反応しない

参議院選挙終わりましたね。
選挙いきました?
今回は選挙権が18歳からになったことでテレビとかでキャンペーン?やってましたね。

ネットで儲けている人政治に興味なさすぎ

ネットビジネスで儲けている起業家は政治に興味がない人が多いみたいで、
選挙の話題を避けてますね。
このブログではちょっと批判しましたが、自分の生活が第一で選挙なんか行くな、
みたいなことを書いてアクセス稼ごうとする 輩が湧いてくるんですね。
まあ、選挙を宣伝するテレビ局も選挙行くなという某起業家もほっといてほしいですね。
結局投票率は54.7%でしたしねw
有権者の半分近くは投票してないわけです。

自分の興味がないことには行動しない

結局、いい悪いはともかく人は自分の興味があること得と思うこと、
損にならないことしか行動しないわけです。
投票率を上げようとするならオーストラリアのように義務化して、
棄権すれば罰金とるようにすれば、投票する人は多くなるでしょうね。
権力を持っている側は投票率が上がると不都合があるんでしょう。
若者も選挙に行くメリットを感じていないから行かないんでしょう。
行かないと明確に損してるのにね。

政治家も商売人も自分に興味を持つ人にしか行動しない

政治家にとって票を入れてくれる年寄りはお客さんです。
お客さんに都合のよい政策をしないと、自分の仕事がなくなってしまう、
つまり落選してしまいますから。   

年寄りばかり優遇される政策になるのは当たり前ですね。

大衆が興味があるのは自分の得になること、楽しいことだけ

極論言えば多くの人が政治には興味ないんです。
私はちょっと変わっているので興味あるけど。
大衆が興味あるのは経済、景気。
ぶっちゃて言えば 自分の生活のことだけです。
うちの妻が選挙に行くようになったきっかけを教えましょうか。
1997年に消費税が3%から5%に上がったんです。
「なんで消費税上がったの、腹立つ」って文句言うから、
「政府が勝手なことのが嫌なら選挙に行って意思表示すればいい」
って煽ったらそれから行きだしました。
今もあまり興味ないみたいですけどね。

自分の生活に直結するなら興味を持つ

最近だと、大阪都構想の住民投票とか自分の生活に直結しそうな?ことだと、
みなさん少しは興味を持ちますね。
今の与党はその点うまいですよね。
選挙の争点は経済です、みたいに言ってましたよね。

儲けるためにはいかに興味を持たせるか

相手が興味ないことは、どんなに 本当は重要であっても人は行動しないですわ。
いかに相手に自分のことと興味を持たせるのがビジネスでも重要です。
興味を持たなかったら見向きもしないですから。

ネット上ではなぜ煽り系の広告が多いのか?

だからネットビジネスはやたら「簡単」「手軽」 をアピールして煽ってくるわけです。
まあ、リアルのビジネスに比べたらお金も労力もかからないのは事実ですけどね。
当然ながらビジネスなので、簡単、片手間では儲かりません。

行動しないと儲からない

ほったらかしで何もしないで儲かるわけはありません。
コピペだけで儲かるとかね。
冷静になって普通に考えたらわかりますよね。
興味を持ってもらって信用してもらって買ってもらう。
好きになってもらって再度買ってもらう。
ネットもリアルも一緒です。

まとめ・儲けるためにどうすればいいか考える

そのためにどうするか考えれば いいだけです。
そのためにコピーライティングのスキルや 集客ツール、
ブログのテンプレートがあると考えたらわかりやすいですね。
とにかく地道にやっていきましょう。
興味を持たせるブログには見出しが大事です。

この本では興味を持てる文章の書き方が学べます。
メンタリストDaigoもおすすめしてますね。

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

2020.6.23追伸 
大阪都構想の賛否を問う住民投票を行うことが決まりました。
11月に開催されるようです。
今回はどうなるでしょうね。