竹内涼真ついに主演日曜劇場「テセウスの船」2020年1月放送

Pocket


こんにちは、今回はこんなニュースが入ってきました。

俳優竹内涼真(26)が、TBSドラマ・日曜劇場(日曜後9・00)に初主演する。
来年1月期の「テセウスの船」で、殺人犯の息子を演じる。
原作は漫画誌「モーニング」で連載された同名漫画。
竹内演じる青年が、31年前に父が起こした殺人事件の謎を追うヒューマンミステリー。
事件直前の平成元年にタイムスリップ。
家族の笑顔を取り戻すために事件を食い止めて、“過去を変える”ことに挑む。

スポンサーリンク

竹内涼真ついに主演日曜劇場「テセウスの船」2020年1月放送

竹内涼真と言えば、
2015年に「下町ロケット」で日曜劇場に初出演し、
2017年「陸王」、2018年「ブラックペアン」「下町ロケット」と計4作に出演しています。

日曜劇場とともに成長し、ついに主演となりましたね。

今までいろいろなドラマに出て、
主演になったということで今後の活躍が期待されます。

竹内涼真の出演作品は?

2014年10月より、『仮面ライダードライブ』の主演・泊進ノ介 / 仮面ライダードライブ(声)役を演じる。
その1年間の放送終了後の2015年10月より、TBS系の日曜劇場『下町ロケット』に出演。


後半のガウディ計画編では、新人ながらも人工心臓弁「ガウディ」の開発チームのリーダー役に抜擢された。

2017年6月より、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の島谷純一郎役で初の朝ドラ出演。


同年7月より、日本テレビ『過保護のカホコ』の麦野初役、

10月にはTBSの日曜劇場『陸王』の茂木裕人役など、立て続けに注目作に出演。

2018年、第42回エランドール新人賞を受賞。


帝一の國』大鷹弾役で第30回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞[24]、
第41回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。

同年8月、『センセイ君主』でラブコメ映画に初主演した。

ドラマの原作「テセウスの船」ってどんなマンガ?

北海道にある小学校で発生した青酸カリによる無差別毒殺事件の容疑者として逮捕されたのち、
死刑判決を受けて収監中の元警察官の息子が、
父親の冤罪を信じて事件の真相を調査していくさまを描くクライムサスペンス。

登場人物
田村心
28年前に北海道の小学校で発生した無差別毒殺事件において逮捕された警察官である佐野文吾の息子。
死刑判決を受けながらも、なお無罪を主張する父親の冤罪を信じて、事件についての調査を行う。
佐野文吾
28年前に北海道の小学校で発生した無差別毒殺事件の容疑者として逮捕された元警察官。
死刑判決を受けて収監中の身であるが、一貫して無罪を主張している。

テセウスの船(1) (モーニング KC)

まとめ

今回は、竹内涼真が日曜劇場に初主演すること、
そのドラマの原作マンガ「テセウスの船」についてまとめてみました。
原作が好きな人も、竹内涼真のファンの人も、
楽しみなドラマですね。

下町ロケット -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX

過保護のカホコ

陸王 -ディレクターズカット版- DVD-BOX