日本映画人気おすすめランキング9選

Pocket


こんにちは、今回は日本映画の人気おすすめランキングをまとめてみました。
ヒットした映画が目白押しです。
では、さっそくいってみましょう。

スポンサーリンク

日本映画人気おすすめランキング9選

日本映画人気おすすめ1

キングダム

紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。
戦災孤児の少年の信と漂は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛練を積んでいた。
ある日、漂は王都の大臣である昌文君によって召し上げられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる……。

Amazonで見る

楽天で見る

Amazonprimeで見る

日本映画人気おすすめ2

凪待ち

『孤狼の血』白石和彌×『人類資金』香取慎吾が挑む、バイオレンスと絶望、怒りと裏切り、
不条理と悲劇、愚か者たちの衝撃のヒューマンサスペンス! 

毎日をふらふらと無為に過ごしていた郁男は、恋人の亜弓とその娘・美波と共に彼女の故郷、
石巻で再出発しようとする。
少しずつ平穏を取り戻しつつあるかのように見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、
やがて取り返しのつかないことが起きてしまう―。
ある夜、亜弓から激しく罵られた郁男は、亜弓を車から下ろしてしまう。
そのあと、亜弓は何者かに殺害された。
恋人を殺された挙句、同僚からも疑われる郁男。
次々と襲い掛かる絶望的な状況から、郁男は次第に自暴自棄になっていく―。 

Amazonで見る

楽天で見る

日本映画人気おすすめ3

空母いぶき

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。
沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、
わが国の領土が占領されたのだ。
海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。
その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。
計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。
艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。
そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。
現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、
敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。
さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。
想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。
政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、
ついに迎撃ミサイルは放たれた……。

Amazonで見る

楽天で見る

Amazonprimeで見る

日本映画人気おすすめ4

少年たち

ジャニー喜多川製作総指揮。 初演から半世紀を経て遂に伝説の舞台、初映画化!
心に深い傷を持ち、それぞれの事情を抱えて少年刑務所に収監された少年たちー。
争うことでしか自分をしずめることが出来ない彼らは、赤房、青房、黒房の各チームで徒党を組み、
喧嘩を繰り返していた。ある日、刑務所に一人の新入りがやってくる。
身寄りもなく、誰にも心を開かなかった彼は、ここで初めて信じられる仲間に出会う。
しかし、冷酷な看守長が赴任してきたことをきっかけに事件が起こり…。

Amazonで見る

楽天で見る

日本映画人気おすすめ5

日本統一36

帰ってきた侠たち―

神戸で起きた事件が、あの男たちを再び引き合わせる-。
組長・川谷が隠していた「ある秘密」とは-!?

氷室蓮司(本宮泰風)と田村悠人(山口祥行)は、
元三上組組長の三上哲也(古井榮一)の所に来ていた。
三上は前科者や組を抜けた人たちに、社会復帰のための世話をしていた。
しかし、三上の店でボーイをしていた男がシャブをやり、
殺人と立て篭もりの容疑で逮捕された。
氷室と田村はシャブの出所を中島(舘昌美)たちに探らせる。
一方、会長の川谷雄一(小沢仁志)は毎晩帰りが遅く、
妻のみなみ(飛鳥凛)との関係がギクシャクしていた。
浮気を疑う氷室と田村は、ある店に川谷が入っているのを見かける・・・
そこは、中島たちがシャブの密売所として嗅ぎ付けた場所でもあったのだ!
川谷に対して様々な疑惑が浮かぶ氷室たちが、そこで見たものは!?

Amazonで見る

楽天で見る

日本映画人気おすすめ6

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

あの頃のように、父と会話がしたい、父のことをもっと知りたい」
そんな想いから始まった≪光のお父さん計画≫

累計アクセス数1,000万を超える大人気ブログ
書籍、ドラマ化もされた感動の実話が、待望の映画化! !

誰にでも覚えのある、親子のすれ違い。
なんとかお互いの本音を語り合うことが出来たなら――そんな願いは、きっとみんな同じはず。
でも、ある青年が考えた<父との絆を取り戻す計画>は、とんでもなくユニークだった! !
そして、その計画を日記としてブログに連載、
たちまち人気を集めて累計アクセス数は1,000万を超え、
連載最終回がYahoo!ニュースで取り上げられるほどの話題となった。
SNSで爆発的に広がった熱い支持の声により、ネットの世界を飛び出して書籍化が実現、
さらにテレビドラマ化もされた感動の実話が、ついに映画化――

Amazonで見る

楽天で見る

日本映画人気おすすめ7

アルキメデスの大戦

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、
世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、
この計画に反対する者も。
「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、
巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。
しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。
必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。
山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。
ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。
頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。
「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、
帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。
天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、
巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、【大和】…。

Amazonで見る

楽天で見る

日本映画人気おすすめ8

七つの会議

都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角民夫(野村萬斎)は、
どこの会社にもいる、所謂“ぐうたら社員”。
トップセールスマンである課長の坂戸宣彦(片岡愛之助)からはその怠惰ぶりを叱責されるが、
ノルマも最低限しか果たさず、定例の営業会議では傍観しているのみ。
絶対的な存在の営業部長・北川誠(香川照之)が進める結果第一主義の方針の元で部員が寝る間を惜しんで働く中、
一人飄々と日々を送っていた。
ある日突然、社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。そして、下された異動処分。
訴えた当事者は年上の部下、八角だった。
北川の信頼も厚いエース・坂戸に対するパワハラ委員会の不可解な裁定に揺れる社員たち。
そんな中、万年二番手に甘んじてきた原島万二(及川光博)が新課長として着任する。
会社の“顔”である一課で、成績を上げられず場違いにすら感じる原島。
誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。
だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた……。

Amazonで見る

楽天で見る

Amazonprimeで見る

日本映画人気おすすめ9

翔んで埼玉

埼玉県の農道を、1台のワンボックスカーがある家族を乗せて、
東京に向かって走っている。カーラジオからは、さいたまんぞうの「なぜか埼玉」に続き、
DJが語る埼玉にまつわる都市伝説が流れ始めるーー。
 その昔、埼玉県民は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けていた。
通行手形がないと東京に出入りすらできず、
手形を持っていない者は見つかると強制送還されるため、
埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた。
 東京にある、超名門校・白鵬堂学院では、
都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が、
埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に、生徒会長として君臨していた。
しかし、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出現により、百美の運命は大きく狂い始める。
 麗は実は隠れ埼玉県人で、
通行手形制度撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだったのだ。
その正体がばれて追われる身となった麗に、百美は地位も未来も投げ捨ててついていく。
 2人の逃避行に立ちはだかるのは、埼玉の永遠のライバル・千葉解放戦線のリーダーであり、
壇ノ浦家に仕える執事の阿久津翔(伊勢谷友介)だった。
東京を巡る埼玉vs千葉の大抗争が群馬や神奈川、栃木、茨城も巻き込んでいくなか、
伝説の埼玉県人・埼玉デューク(京本政樹)に助けられながら、百美と麗は東京に立ち向かう。
果たして埼玉の、さらには関東の、いや日本の未来はどうなるのか――!?

Amazonで見る

楽天で見る

Amazonprimeで見る

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、日本映画の人気おすすめ作品のランキングを解説していきました。
どれも面白そうですね。
興味がある映画があればぜひ、買ってみてください。

今回紹介した日本映画人気

キングダム

凪待ち

空母いぶき

少年たち

日本統一36

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

アルキメデスの大戦

七つの会議

翔んで埼玉

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする