生命保険は必要ない|保険は不幸に賭けるギャンブル

Pocket

こんにちは、今回は生命保険は必要ない、という話です。
「いやいや、保険は必要でしょう』という声が聞こえてきそうです。
日本人の80%が生命保険に加入している、
という調査もあります。

スポンサーリンク

生命保険は必要ない|保険は不幸に賭けるギャンブル


保険とは、不幸に賭けるギャンブルと言われています。
つまり、死亡や病気など、不幸なことが起こった場合、
お金で保障されるということ。

保険の加入者が若くして亡くなる可能性は低いので、
保険会社は儲けられるしくみになっています。
大手の生命保険会社は駅前の一等地に自社ビルを建てていますよね。
あれは、それだけ生命保険会社が儲けている証拠です。

入院時の保険も高額療養制度で十分


医療保険に加入していれば、入院時に保険金が出るので安心、という人も多いです。
病気になっても健康保険で十分対応できます。
入院時に多額の費用がかかったら、3割負担しなければいけない、
と思うかもしれません。

高額療養制度というものがあり、
1日から月末までにかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、
一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

例えば治療費が100万円で、その3割部分である30万円を窓口で支払ったとしても、
8万7430円が自己負担限度額となります。

世帯主が亡くなった場合は遺族年金

世帯主が亡くなった場合は、遺族年金があります。
遺族年金は、家族構成や職業によって金額が変わりますが、
サラリーマンで子供が2人の場合だと、月額15万円程度支給されます。

それで足りない場合を考えて掛け捨ての生命保険をかけておくのも、
1つの方法でしょう。
でも、これは月額5000円までで十分です。

年金保険は手数料が高いぼったくりの投資商品


投資は怖いという人に限って、高額な年金保険に加入しています。
この保険は手数料が高く利回りが低い加入者にとってメリットがない投資商品、
はっきり言えばぼったくりの投資商品と言えます。

積立の年金保険の利回りは0.7%です。
投資商品なので当然、元本割れのリスクがあります。
リスクを取るならもっといい利回りの投資商品はいくらでもあります。
投資信託で3%程度の堅実な投資を行えば、20年積み立てれば、
何倍もの金額になります。

将来が不安なら、毎月高額の保険をかけるより、
貯蓄したほうが、万一の時も安心ではないでしょうか?

住宅ローンが残っているから、保険が必要という人もいます。
住宅ローンの名義人が死亡した場合、団体信用生命保険で、
残ったローンは免除になります。

これでも、生命保険は必要ですか?

まとめ

今回は、生命保険は必要ないという記事をまとめてみました。
本当に必要な生命保険は、子供がいる場合、
掛け捨ての生命保険だけで十分です。

これは、あまり知られていませんが、
生命保険を販売している営業マンが、
自社の生命保険に入っていない例も多いです。

この本に詳しく書いてあります。
「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由

いかがでしたか?
多くの人が保険は必要と洗脳されているようです。
保険は最小限に抑えて、貯蓄や堅実な投資で、
資産を増やすのがいいようです。
今回の記事が参考になれば幸いです。