ヒューイルイス&ザニュースおすすめ10選|私の好きな洋楽

Pocket


こんにちは、今日は私の好きな洋楽を紹介していきます。
今回は、ヒューイルイス&ザニュースを特集します。

今を去ること1985年は、アメリカでロックンロールが生まれて30周年ということで、
アメリカでロックンロールの歌手、グループがヒット曲を連発しました。

ブルース・スプリング・スティーン、ジョンクーガー・メレンキャンプなど、
アメリカでも日本でも大ヒット曲を飛ばしていた中で、
私が特に好きだったのが、ヒューイルイス&ザニュース(Huey Lewis And The News)です。

なぜかと言うと、アメリカンロックの明るさが満載だったから。
政治的なメッセージなどまったくなく、ただアメリカの豊かさ、明るさが一杯だったからw

そんなヒューイルイス&ザニュースの曲の人気おすすめランキングをまとめました。

では、さっそくいってみましょう。

スポンサーリンク

ヒューイルイス&ザニュースおすすめ10選|私の好きな洋楽

ヒューイルイス&ザニュースおすすめ1

I Want A New Drug(アイ・ウォント・ア・ニュードラッグ)

タイトルは物騒ですが、いたって普通のラブソング。
当時、前奏部分をレイパーカーJRの「ゴーストバスターズ」がパクったとして、
ヒューイルイスが裁判で訴え、勝訴したいわくつきの曲。
まあ、ヒットしたのは「ゴーストバスターズ」だったんですが。

Amazonで見る

楽天で見る

ヒューイルイス&ザニュースおすすめ2

Heaet Of Rock and Roll(ハート・オブ・ロックンロール)

全米の地域が歌詞の中に出てきて、
コンサートでは、最後にその地域の名前をコールするのが、
お約束になっています。
コンサート行った時も「オーサカ」って言ってました。

Amazonで見る

楽天で見る

ヒューイルイス&ザニュースおすすめ3

The Power of Love(パワー・オブ・ラブ)

マイケルJフォックス主演の映画「バックトゥザヒューチャー」の主題歌。
ヒューイルイスも高校の教師役(マイケルの演奏する曲をダメだししてましたw)として、
ちょっとだけ出演していました。

Amazonで見る

楽天で見る

ヒューイルイス&ザニュースおすすめ4

If This Is It

日本語題名は「いつも夢見て」でした。
コーラスの声が美しく印象的で、プロモーションビデオも、
ユーモラスで面白いです。

Amazonで見る

楽天で見る

ヒューイルイス&ザニュースおすすめ5

Do You Believe In Love

テンポよくノリのいい1曲

Amazonで見る

楽天で見る

ヒューイルイス&ザニュースおすすめ6

Heart And Soul

ビートが気持ちのいいロックンロールの曲

Amazonで見る

楽天で見る

ヒューイルイス&ザニュースおすすめ7

Back In Time


映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の挿入歌。
ノリがよく楽しくなってきます。
映画のエンディングに使われていましたね。

Amazonで見る

楽天で見る

ヒューイルイス&ザニュースおすすめ8

Perfect World

Amazonで見る

楽天で見る

ヒューイルイス&ザニュースおすすめ9

Small World

Amazonで見る

楽天で見る

ヒューイルイス&ザニュースおすすめ10

Hip To Be Square

ノリのいい80年代のロックロール

Amazonで見る

楽天で見る

まとめ

いかかでしょうか?
ずいぶん懐かしい曲です。日本では最近ロックンロール系の曲があまり流行してないので、
寂しい感じがします。
もし、興味があれば聞いてみてください。
あなたは、どんな曲がすきですか?

今回紹介したヒューイルイス&ザニュースおすすめ10選|私の好きな洋楽ランキング

I Want A New Drug(アイ・ウォント・ア・ニュードラッグ)

Heaet Of Rock and Roll(ハート・オブ・ロックンロール)

The Power of Love(パワー・オブ・ラブ)

If This Is It

Do You Believe In Love

Back In Time

Perfect World

Small World

Hip To Be Square