あなたの中にヒトラーはいる|帰ってきたヒトラーレビュー

商品レビュー
Pocket

こんにちは、ミギケンです。
今回はこの映画のレビューをします。

あなたの中にヒトラーはいる|帰ってきたヒトラーレビュー

あらすじ

ヒトラーがタイムスリップして現代に甦った。
周囲の人々は、彼をヒトラーそっくりの芸人だと思い込んだ。
勘違いが勘違いを呼び、本当のコメディアンになっていく。
テレビで演説した芸人ヒトラーは新聞の攻撃にあうが、
民衆には人気が爆発。
極右政党本部へ突撃取材を行い、徐々に現代ドイツの問題に目覚め、
ついに政治家を志していく。

映画を見た感想・レビュー

見ているうちにだんだん、怖くなってきた。
現代にヒトラーがいれば、大衆へのプロパガンダなど、
簡単だろう。

テレビもSNSもない時代にあれだけ大衆に対して
プロパガンダを行い、
ドイツ国民を扇動していったのだから。

ドイツ国民や国家は、ヒトラーを悪者にして、
自分たちは、責任がまったくなかったような態度を取っている。
それは、本当だろうか?

ヒトラーは軍事クーデターで政権を強奪したわけではない。
選挙でドイツ国民に合法的に選ばれ、
首相、大統領、総統と上り詰めていった。

ドイツ国民はまったく、責任がないなどと言えるのだろうか?
私はそうは思わない。

多くの人が過去の歴史に学ばず、
現在起きていることばかりに囚われている。
特に日本人は、マスコミが撒き散らす嘘も
疑うことなく信じてしまう。

自分の頭で考えることなく、
周りに流され、同調圧力に屈してしまう。
それが非常に危険なことだと、
改めてわからせてくれた映画だった。

まとめ

今回は、映画「帰ってきたヒトラー」のレビューをしました。
いかがでしょうか?

ドイツでは、ヒトラーという言葉を発するのもタブーとなっています。
著書の「わが闘争」も出版できません。
ドイツの国民にとっては、忘れたいこと、語りたくないことかもしれませんが、
過去の歴史に学び、二度と過ちくり返さないことが大事ですね。

「帰ってきたヒトラー」が出版され、映画化されたことは、
ドイツだけでなく世界中の人が政治的無関心や、
プロパガンダの怖さを知る意味で重要であると言えます。

この映画はAmazonPrimeで見ることができますよ。

帰ってきたヒトラー

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました