ふるさと納税まだ間に合うおすすめ人気商品は?

Pocket


こんにちは、ミギケンです。

今、テレビCMでよく見かけるのが、

ふるさと納税です。

大きな話題となっていますが、

あなたはもう、ふるさと納税しましたか?

今回は、ふるさと納税について、詳しく解説していきます。

今年の大晦日までに期限は迫ってきていますが、

今年に行いたい人も

来年以降、ふるさと納税される人にも

役に立つ説明にしたいと考えています。

では、さっそくいってみましょう。

スポンサーリンク

ふるさと納税はなぜ人気があるのか?

ふるさと納税は、寄付額に応じて各自治体が特産物として

返礼品を寄付者に送っています。

ここでは、人気の返礼品をあげてみました。

あなたの参考にしてみてください。

ふるさと納税で人気の返礼品

【ふるさと納税】うなぎ蒲焼5尾(計800g以上)国産 都農町加工品

【ふるさと納税】北海道海鮮紀行いくら(醤油味) 【1kg(250g×4)】

【ふるさと納税】☆PREMIUM PORK尾鈴豚☆

【ふるさと納税】宮崎牛ロースステーキ(250g×2枚)&合挽きハンバーグ(100g×4個)セット《合計900g》

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、応援したいと思う自治体に寄付ができる仕組みです。

あなたの寄付により自治体の税収がアップし地域貢献につながります。

返礼品として地域の特産品・名産品が貰えるので多くの人が利用しています。

寄付をした金額は税金から控除・還付されます。

ここからは、ふるさと納税の仕組みやメリットなどをご紹介します。

ふるさと納税って?

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は選んだ自治体へ寄付すると、

控除上限額内の2,000円を越える部分について税金が控除されます。

税金控除を受けるためには、「確定申告」か「ワンストップ特例制度」の申請が必要になります。

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは

ワンストップ特例制度とは、寄付先が年間5自治体までなら確定申告をしなくても、

寄付金の控除が受けられる仕組みです。

寄付した自治体に申請書を送り、

寄付額のうち2,000円を差し引いた額が、住民税から全額控除されます。

ワンストップ特例制度の詳細はこちら

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税の主なメリットをあげてみます。

自分が住んでいるところではなく、どこの地域に寄付してもOK

被災地などに寄付することができる

金額はいくらでもいい

地域の特産品がもらえる

複数の自治体に寄付できる

クレジットカード決済でポイントがたまる

ふるさと納税はいつまで

ふるさと納税は、その年の1月1日から12月31日まで、

年間を通じて、何度でも申し込みできます。

年末に寄付をする場合は、手続き期限に注意してください。

ふるさと納税をしたとき、寄付金控除(税の還付または控除)は、

1月1日から12月31日までの1年単位で受けます。

今年の所得に対する寄付金控除を受けるには、

年内にふるさと納税の寄付(入金または決済)を完了する必要があります。

ふるさと納税の計算方法

ふるさと納税では、控除上限額内の寄付ならば

寄付合計額から2,000円を差し引いた分が、

所得税や住民税から還付・控除を受けられます。

控除上限額は給与収入(年収)や家族構成で異なるため、

自分の控除上限額を知る必要があります。

「ふるさと納税」還付・控除限度額を知るために、

家族構成、年収などを入力する計算シミュレーションが

サイトで用意されています。

こちらに入力してあなたの限度額を確認してください。

「ふるさと納税」還付・控除限度額計算シミュレーション

ふるさと納税おすすめサイト

ふるさと納税を行う場合、便利なサイトがあります。

近頃はテレビCMでも多く放映されており、

見たこともある方も多いでしょう。

今回は、ふるさとチョイス、さとふる、楽天を

取り上げてみます。

ふるさとチョイス

ふるさとチョイスとは?

掲載数No.1のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」。
全国1,788自治体、20万点以上の地域の名産品などを 「ランキング」や
「自治体の寄附金の使い道」などから寄附する自治体を選べます。

ふるさとチョイスの特長

20万点以上のお礼の品を掲載
ふるさとチョイスは、お礼の品を20万点以上(2018年10月29日時点)掲載。
新鮮なお肉や魚など旬の農産物や水産物、地域ならではの体験型の品など、
様々な種類のお礼の品が揃っています。

会員登録で利用できる便利な機能
気になるお礼の品を一カ所にまとめる「お気に入り登録」や
過去の履歴を閲覧できる「寄附履歴」の機能などのほか、
旬の特産品情報やふるさと納税活用方法など、
お得な情報が届くメールマガジンなど、会員登録で便利な機能を活用できます。

寄付先を選べる便利な機能
「地域」や「お礼の品」などから選べる絞込機能に加え、
寄付金の「使い道」や被災地を支援する「災害支援」からも寄附先を選べます。
どこに寄附するかを迷ったら人気のお礼の品が並ぶ「ランキング」や
ふるさとチョイス厳選の「おすすめ」から検索することも可能です。

クレジットやコンビニ決済など決済方法が充実
約1,400以上の自治体でクレジット決済が利用できるほか、
キャリア決済やコンビニ決済、銀行振込、郵便振替など、
幅広い決済方法に対応。
※自治体によって取り扱っている決済方法は異なります。

カタログや電話、店舗での申し込みも可能
ふるさとチョイスでは、Webサイトからの申し込みだけでなく、
カタログや電話、FAX、実店舗のカフェ「ふるさとチョイスCafé」
(東京・有楽町)でも直接申し込みが可能。

地域をつなげる情報やイベントが満載
「ふるさと」と寄付者をつなぎたいという想いから「ふるさと納税大感謝祭」
や「ふるさとチョイスアワード」などの
地域の人と寄付者が交流できるイベントやセミナーなどを開催しています。

ふるさとチョイス

さとふる

さとふるとは?

ふるさと納税を推進し、
地域活性化を促進するための総合サイトです。
応援したい自治体や特産品情報をすぐに探せます。
さらに、ふるさと納税の申し込みを簡単な手続きで行えます。

さとふるの特長

申し込み手続きが簡単
申し込みから決済まで、ふるさと納税がWebで完了します。
お礼品が魅力的
全国の魅力的なお礼品を簡単に探せます。
お礼品は迅速にお届け
申し込みから最短1週間程度でお礼品が届きます。
マイページで寄付を管理
寄付履歴やお礼品の発送状況も確認できます。
安心のサポート体制
電話によるサポートセンターやお問い合わせフォームが
利用できます。

さとふるはこちら↓


楽天

「楽天ふるさと納税」の一番の特徴は寄付の申込み手続きがシンプルなこと。
お買い物と同じフローで簡単に寄附ができ、楽天スーパーポイントも使えます!

楽天市場の会員情報を使って寄附できる!
楽天会員情報を利用できるので、新たに寄付者としての情報を登録する必要はありません!
※寄付をする際には、住民票に記載されている名前、
住所と注文内容確認画面に表示される注文者情報が一致している必要があります。
寄付を完了する前に必ず内容を確認ください。

お買い物と同じ手続きだから分かりやすい!
楽天市場でお買い物をするのと同じステップで寄附ができます。
もちろん、どの自治体への寄附のお申込みにもクレジットカードが利用できます。

※寄付で受け取れる「お礼の品」の配送スケジュールは、
楽天市場の商品を購入する場合とは異なりますのでご了承ください。
詳しくは各自治体のページの内容をご確認ください。

楽天スーパーポイントが貯まる!使える!
楽天ふるさと納税での寄附申し込みも通常のお買い物と同様、ポイント付与の対象になります!
また、寄附金のお支払いにポイントを使用することもできます。
ポイントシステムを上手に利用して、よりおトクにふるさと納税を活用しよう!

※100円につき1ポイントが付与されます

お礼の品のレビューやランキングが充実!
楽天ふるさと納税には多くのレビューが寄せられています。
レビュー高評価のお礼の品なら安心して寄附ができるので、
迷った際にはぜひ参考にしてください。
またランキングも毎日更新されていますので、
寄付先を決める前に最新の人気のお礼の品も一度チェックしましょう!

魅力的な自治体&お礼の品が満載!
創業以来、日本各地の魅力ある商品を全国にお届けし続けている楽天市場。
ふるさと納税でも、「日本を元気に」という想いで、全国各地の自治体や、
その場所で産み出されるお礼の品の数々を紹介しています。

楽天ふるさと納税

ふるさと納税でamazonギフト?

テレビや新聞、雑誌等で話題になっている、

ふるさと納税の返礼品としてのAmazonギフト券。

ふるさとの特産品でないことから、総務省が問題視し

来年からは中止されるようです。

ふるさと納税の返礼品にAmazonギフト券を登録しているのは、

静岡県小山町と佐賀県みやき町いう市町村です。

まとめ

ふるさと納税について簡単にまとめてみました。

いかがだったでしょうか?

今まで、制度自体は知っていてもあまり興味や関心が

なかった方も今年はテレビCMが多くみることで、

興味が出てきた方も多いと思います。

ふるさと納税は今後とも続きますので、

今年以降もウォッチしていきます。