好きな野球マンガ・水島新司先生に捧げる

トレンド
Pocket

好きな野球マンガ3選・水島新司先生に捧げる

こんにちは、野球マンガ・ドカベンで有名な水島新司先生が亡くなられました。
自分も幼い頃、よく水島先生のマンガを読んでいたので、ショックが大きいですね。
今回は、自分が好きな野球マンガについて、書いてみます。
興味があれば、ぜひ読んでみてください。

ドカベン

いわずと知れた水島新司の代表作。
小学校時代にコミックスを買って、何回も読み返していました。
主人公の山田太郎は、最初は野球部ではなく、柔道部だった。
そのわけは、ストーリーが展開していくごとにわかってくる。
柔道時代のストーリーも面白く、数々のライバルと戦いを演じていく。
山田が柔道から野球に転向してから、柔道時代のライバル(賀間、影丸、わびすけなど)が山田と戦うために野球を初めて、やがて山田を倒そうとする。

個人的には、高校1年の夏の大会が好きでした。
神奈川県の予選での不知火や雲竜、甲子園大会での坂田三吉、犬飼兄弟の土佐丸高校、いわき東のフォークボールの緒方勉など、
どのライバルも魅力的なキャラクターで何度も読み直したのを覚えています。

主人公山田の他、エース・里中、名手・殿馬、葉っぱの岩鬼などのチームメイトも、
それぞれ特徴的でストーリーを盛り上げていた。

続編とも言える「大甲子園」も水島先生の代表作だと思いますが、
自分的には、マンネリと感じてあまり読みませんでした。

もちろん、作品の世間的な評価は大甲子園も高かったと思います。

プロ野球編などもありますので、興味があるところから読んでみてはどうでしょうか?

Amazonで見る

水島新司の野球マンガでは、野球狂の詩も大好きですね。
野球狂の詩

映画化もされましたね。
https://amzn.to/3opniRZ

キャプテン

若くして亡くなった、ちばあきお先生(ちばてつや先生の弟)の代表作。
キャプテンとその続編プレーボールは、何回読み返したかわからない。
それくらい読んだ。
いろんなシーンも暗記しているくらいです。

ドカベンとは、対照的に地味で野球のうまくない主人公・谷口タカオが、名門中学野球部の2軍の補欠から、無名の中学に転校し、努力の末、名門中学を倒すような強豪校になっていく話。

キャプテンでは、谷口の後、丸井、イガラシ、近藤とキャプテンが代わりストーリーが進んでいく。
怪我をしても、ボロボロになりながらも、ひたすら勝利を目指すという展開は、
今の時代には、受け入れらないかもしれない。

しかし、当時はその泥臭い根性物語にぐいぐい引き込ませていました。
今の子供たちは、どう感じるのでしょうか?

ぜひ、読んでもらいたい作品です。

Amazonで見る

メジャー

結構、大人になってから読んだ記憶があります。
主人公・茂野(本田)吾郎の小学生からプロ野球選手までのストーリー。
続編のメジャー2も今、連載中です。こちらは、吾郎の息子・大吾が主人公。
自分としては、やっぱりメジャーの方が好きですね。
メジャー2ももちろん面白いけど。

メジャーはリトルリーグ編から、メジャーリーグ編などありますが、
個人的には高校編が一番面白いと思っています。
野球の名門高校に入りながら、そこを倒すために、
別の高校に入って名門高校と対戦するストーリーはしびれます。

登場人物のキャラクターも魅力があり、各々の年代のストーリーも面白く、
引き込まれていきます。

このマンガも何回も読み直しました。
アニメでも何回も見るくらいハマってました。
ぜひ、マンガもアニメも見てください。
損はしないと思いますよ。

Amazonで見る

まとめ

今回は、自分の好きな野球マンガをまとめてみました。
まだまだ、好きなマンガはたくさんあるのですが、
あまりにもマニアックなものもあり、今回は割と有名なものにしてみました。

あなたが好きな野球マンガはありましたか?
興味があれば、ぜひ読んでみてください。
では、また。

今回紹介した野球マンガ

ドカベン キャプテン メジャー

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました