あなたがインターネットで稼げない理由|ネットマーケティングの重要性

Pocket

あなたが、インターネットを使ったビジネスで実績を出せていないなら、
以下のことを考える必要があります。

なぜサイトやブログにアクセスを集めるだけではダメなのか?

なぜ、商品が売れないのか?

なぜ、本で読んだことをそのまま信じてはいけないのか?

キャッチコピーを書くなら、なぜ商品を売ろうとしない方がいいのか?

スポンサーリンク

あなたがインターネットで稼げない理由|ネットマーケティングの重要性

あなたがインターネットで稼げない理由は、
インターネット上でのマーケティングの基礎を理解していないことです。

インターネット上で行うマーケティングとは、
ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)と言われるものです。

ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)とは?

ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)とは、
見込客から反応(レスポンス)を得られるマーケティング手法です。

具体的には、無料レポート、無料サンプル、お試し販売などの
ことですね。
やずやなどの健康食品、ドモホルンリンクルなどの美容化粧品の
無料お試しなどが挙げられます。

多くの大企業では、以前は企業のイメージをアップさせるために、
広告宣伝活動を行っていました。

商品のCMも購入したい雰囲気や商品イメージを上げるためのものが
多かったです。

車や住宅などが特にその傾向が強かったですね。
おしゃれで洗練されたイメージの企業や商品をアピールしていました。

最近では、大企業においても、自社のサイトに訪問させるように、
ネットの検索窓にキーワードを入れているテレビCMも
珍しくなくなりました。

中小零細企業や個人のマーケティングはどうすればいいのか?

大手企業は、未だに広告宣伝費に多額の金額を投入して、
テレビCMなどを出しているところもあります。

中小零細企業や個人では、多額の費用をかけて、
効果が見込めるかどうかわからないマーケティング方法を試す余裕などありません。

それでは、どうすればいいのか?
まず、少額の費用でテストマーケティングする方法が取られます。

テストマーケティングでうまくいかなければ、やめればいいし、
うまくいけば、その方法で費用を増やして、
集客すればいいということになります。

個人でも、無料レポートなどを使って集客している、
アフィエイターは多いですよね。

ここで大事なのは、集客の方法です。
1回で販売するのか?
まず、顧客リストを収集するのか?

1回で販売するとキャッシュフローがよくなります。
手元にお金がない時はこの方法は便利です。

しかし、長期的に稼ぎたいなら、
1回目は販売せず、顧客リストを収集する方がいいです。

顧客リストさえあれば、何度でもオファーを出して、
売り込みが掛けられるからです。
ただし、日本人は売り込みをかけられるのが、
非常に嫌いなので、すぐに売り込んだり、
何度もしつこく売り込むなど、
見込客に嫌われないように注意する必要があります。

まとめ

今回は、インターネットで稼げない原因についてまとめてみました。
稼げない原因を潰していけば稼げるようになりますね。

インターネットのマーケティングは、
全てがダイレクトレスポンスマーケティングと言ってもいいです。
ダイレクトレスポンスマケティングを学ぶには、
この本が参考になります。

インターネットマーケティング最強の戦略