文章の書き方には型がある|文才ゼロから学ぶWeb記事執筆術

Pocket

アフィリエイトなどインターネットで稼ぐ上で大事なのは、
やはり文章です。
しかし、多くの人が文章を書くことができないと悩んでいます。

どうしたら、文章をすらすら書くことができるのでしょうか?

文章の書き方には型があります。
いきなり、描こうとせず、文章の構成を考えてから、
見出しを考え、それに剃って書いていけば書いやすいですよ。

スポンサーリンク

文章の書き方には型がある|文才ゼロから学ぶWeb記事執筆術

あなたはなぜ文章が書けないのか?

あなたが文章を書けない原因を突き止める必要があります。
文章が書けない原因はいろいろあります。

・そそそも何を書いたらいいのかわからない。
・どういう風に書けばいいのかわからない。
・記事は書けたが、わかりにくい。

1つ1つ解決方法を説明します。

そもそも何を書いたらいいのかわからない

文章のテーマ、ネタを考えることが必要です。
何についてかくのか?
これが決まらないと文章は書けません。

ネタに関しては、自分の好きなテーマでもいいし、
グーグルなどの検索サイトや、
ニュースサイトの記事から興味を持ったネタがあれば、
それについて書くのもいいでしょう。

文章をどう書いたらいいのか?

文章をどう書いたらいいのかわからない場合、
記事構成を考えましょう。

具体的には、
1書き出し
2問題提起
3解決策
4詳細説明
5まとめ
という流れになります。

順に説明していきます。

1書き出し

文章の導入部です。
この部分は、読者の興味をそそる文章を書いてきます。
ここで興味を持ってもらえなければ、
文章を最後まで読んでもらえません。

2問題提起

書き出しで興味を持たせたら、
現状の問題を明確にします。

読者がかかえている問題や疑問を膨らませて、
さらに興味を持たせます。

3解決策

読者に興味を持たせたら、
まず、解決策を示します。
解決策とは、読者が知りたいことです。
読者は忙しいので解答を早く欲しいのです。
回りくどく感じたら、文章から離れてしまいます。

4詳細説明

解決策まで読んでくれた読者には、
詳しい説明が必要です。
詳細説明は以下の4つを書けば読者にとって参考になります。
1具体的な解説方法、実践手順
2その方法を行うメリット
3メリットを得られる理由、仕組み
4自分の感想
などです。
ここで、しっかり説明して納得してもらいましょう。

5まとめ

最後に締めとして、まとめの言葉をいれましょう。
ここは、読んでくれた感謝や行動を促すものです。

記事は書けたが読んでみるとわかりにくい

書いた記事が分かりにくい場合は、執筆手順を覚えましょう。
執筆手順を覚える理由は2つです。
1読者にわかりやす記事を書くため
2記事をすらすら書くため

思いつきで好き勝手に書くと、
「何がいいたいのかわからない」記事になり、
読者に伝わりません。

執筆の手順
1結論を決める
2伝えたいことを箇条書きにする
3肉付けする
4余分なものを削る
5タイトルを決める
6見直す

こちらも順に説明します。

1結論を決める

記事を読んで「何が言いたいかわからない」原因は、
結論を決めていないからです。

結論を決めることが読者に言いたいことを伝えることです。

2伝えたいことを箇条書きにする

読者に伝えたいことを箇条書きにすることで、
あなたの頭の中を整理することができます。

自分の言いたいことを整理すると、
話の内容と流れがわかりやすくなります。

3肉付けする

読者にとってよい文章にするため、
文章の肉付けをします。
文章の量が足りないと感じる人は、
この部分をしっかり補充していきましょう。

4余分なものを削る

回りくどい表現や重複する内容があれば、
削除していきましょう。
すっきりとして読みやすい文章になります。

5タイトルを決める

文章では、タイトル(見出し)が大事です。
興味を持たれないタイトルは他のサイトに読者が逃げてしまいます。
読者に興味を持たせるタイトルを決めましょう。

6見直す

文章全体を読んで誤字脱字がないかなど、
見直してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?
文章が書けない時の解決策を紹介しました。
まず、書けない原因を見つけて、
1つ1つ潰していけば文章は書けるようになります。

この商材では、文章の書き方がわかりやすく説明されています。
興味があれば、サイトを覗いてみてください。
文才ゼロから始めるweb記事執筆術