あなたの商品に興味がない人を振り向かせるには|N国立花党首に学ぶ広告宣伝方法

Pocket


こんにちは。
あなたは、NHKから国民を守る党という政党を知っていますか?
最近、多くのメディアに出ているので、知っているひとも多いかもしれません。
YouTubeで最も成功した政党と言っても過言ではありません。

今回は、NHKから国民を守る党の立花孝志党首の選挙戦略が、
ビジネスでもマーケティングでも非常に学べる所が多いと感じて、
ブログの文章をまとめてみました。

では、さっそくいってみましょう。

スポンサーリンク

あなたの商品に興味がない人を振り向かせるには|N国立花党首に学ぶ広告宣伝方法

まず、この動画を見てください。
NHKをぶっ壊す!【政見放送】 NHKから国民を守る党【立花 孝志他3名】全国比例区

ニコニコ動画 コメント付き 参議院選挙 2019 【政見放送】 立花孝志 NHKから国民を守る党  NHKをぶっ壊す

立花氏自身、この政見放送の最初は、漫才でいうつかみ、だったと言っています。
そりゃ、政見放送でいきなり、「不倫、路上、カーセッ⚫️⚫️」などと下品なことを言う、
政治家はいないですからね。
NHK政見放送で立花孝志が不倫路上カーセッ⚫️⚫️を連呼する理由

立花氏が参考にした政権放送がこちら。
10年以上前ですが、当時ネットを中心に炎上するほど、話題になり広まりましたね。
外山恒一の政見放送

このように政見放送で多くの人を引き付け、選挙・政治に関心を向かせました。
多くの人が、選挙や政治に関心などありません。
それらの大衆に選挙に行くことに興味を持たせた手法は、
すばらしいとしか言いようがないです。

その後もマツコ・デラックスに抗議したりなど、
炎上騒動を起こすことによって、
マスコミに大きく、多く取り上げられ、
大衆の認知度を高めていっています。

もちろん、14年前からNHKの集金人の強引な取り立てに困っている人々を助けてきた、
地道な活動があってこそ、現在の躍進につながっているのでしょう。

見込客の興味を引くためには

立花氏を批判する人だけでなく、
応援する人たちからも、政見放送での下品な発言は、
評価されていませんでした、

しかし、実は、人の興味を引く方法は、
有名なコピーライティングの本でも紹介されています。

         セッ⚫️⚫️
   さて、ご注目いただいたところで紹介します
不要になったテキストを売って最大限のお金を得る方法・・・・
        (本屋のロゴ)

ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則 133ページ

広告では、まずキャッチコピー(見出し)で見込客の興味を引いて、
ボディコピー(本文)を読ませます。
ボディーコピーで商品に興味を持った人に、
商品のメリットや購入することによってどんなよい未来が実現するかなど、詳しく説明する。
まず、見込客に広告に興味を持ってもらわないと、ボディコピーまで到達せず、
読んで欲しい広告内容が読まれないと話にならないので、
キャッチコピーで刺激的な言葉(セッ⚫️⚫️)が使われています。

立花氏は、政見放送でこの手法を使っています。
広告・宣伝の分野においては、
まさに王道の手法を用いていることになりますね。

まとめ

今回は、NHKから国民を守る党・立花孝志党首の選挙戦略を通して、
広告・マーケティング方法を考えていきました。
今まで、多くの金額をかけてもなかなか選挙で当選できなかった個人や、
政党がある中で、結果を出している立花党首は戦略家だと思います。

堀江貴文氏も関心していましたね。
初めは、色物・際物だと考えていた世間の評価も、
今後変わっていくかもしれませんね。

立花氏に関しては、メンタリストDaigoさんの評価も高いですね。

広告のキャッチコピーを学ぶなら
ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則 

人を動かす文章を学びたいなら
人を操る禁断の文章術

人に好かれてビジネスで成功したいなら
人を動かす 新装版