このミステリーがすごい!2022年度版ベスト10国内編この冬に読んでみよう

トレンド
Pocket

今年も年末恒例となった、このミステリーがすごい!2022年度版が発表されました。
今回は国内編のベスト10を紹介していきます。
では、さっそくいってみましょう。

このミステリーがすごい!2022年度版ベスト10国内編 1位

黒牢城

天正六年の冬、本能寺の変の四年前。
織田信長に反抗し有岡城に立て籠った荒木村重。
城内で起きる事件に翻弄されていた。
動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人で織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。
事件の裏に何があるのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。

Amazonで見る

このミステリーがすごい!2022年度版ベスト10国内編 2位

テスカトリポカ

メキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミロ・カサソラは、
対立組織との抗争の果てにメキシコから逃走、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会う。
二人は新たな臓器ビジネスを実現させるため日本へ。
川崎に生まれ育った天涯孤独の少年・土方コシモはバルミロと出会い、
才能を見出され、犯罪に巻きこまれる。
海を越え交錯する運命の背後に、滅亡した王国アステカの神の影が、、、
人間は暴力から逃れられるか。

Amazonで見る

このミステリーがすごい!2022年度版ベスト10国内編 3位

機龍警察 白骨街道

国際指名手配犯の君島がミャンマー奥地で逮捕。
日本初となる国産機甲兵装開発計画の鍵を握る彼の身柄引取役として官邸は警視庁特捜部突入班の三人を指名した。
やむなくミャンマー入りした三人を襲う罠。
沖津特捜部長は事案の背後に何かを察知するが、それは特捜部を崩壊へと導いた。

Amazonで見る

このミステリーがすごい!2022年度版ベスト10国内編 4位

兇人邸の殺人

“廃墟テーマパーク”にそびえる「兇人邸」。
班目機関の研究資料を探し求めるグループとともに、
深夜その奇怪な屋敷に侵入した葉村譲と剣崎比留子を待っていたのは、
無慈悲な首斬り殺人鬼。
逃げ惑う狂乱の一夜が明け、同行者が次々と首のない死体となって発見されるなか、
比留子が行方不明に。
生存者たちは、迷路のような屋敷から脱出できない。さらに、別の殺人者がいる可能性が浮上。
葉村は比留子を見つけ出し、謎を解いて生き延びられるか。

Amazonで見る

このミステリーがすごい!2022年度版ベスト10国内編 5位

蒼海館の殺人

学校に来なくなった「名探偵」の葛城に会うため、僕はY村の青海館を訪れた。

政治家の父と学者の母、弁護士にモデル。
名士ばかりの葛城の家族に明るく歓待され夜を迎えるが、
激しい雨が降り続くなか、連続殺人の幕が上がる。

刻々とせまる洪水、増える死体、過去に囚われた名探偵、そして――夜は明ける。

Amazonで見る

このミステリーがすごい!2022年度版ベスト10国内編 6位

invert 城塚翡翠倒叙集

すべてが、反転。
あなたは探偵の推理を推理できるか?

綿密な犯罪計画で行われた殺人事件。
アリバイは鉄壁、計画は完璧、事件は事故として処理される……はずだった。
しかし、犯人たちのもとに、死者の声を聴く美女、城塚翡翠が現れる。
大丈夫。霊能力で自分が捕まるはずはない。
ITエンジニア、小学校教師、殺人を厭わない犯罪界のナポレオン。す
べてを見通す翡翠の目から、彼らは逃れらるか?

Amazonで見る

このミステリーがすごい!2022年度版ベスト10国内編 7位

忌名の如き贄るもの

忌名は、いわば生贄だと?

「この忌名は、決して他人に教えてはならん……
もしも何処かで、何者かに、この忌名で呼ばれても、決して振り向いてはならん」
生名鳴(いななぎ)地方の虫くびり村に伝わる「忌名の儀礼」の最中に起きた殺人事件に
名(迷)探偵刀城言耶が挑む。

Amazonで見る

このミステリーがすごい!2022年度版ベスト10国内編 8位

六人の嘘つきな大学生

成長著しいIT企業「スピラリンクス」の最終選考。
最終に残った六人が内定に相応しい者を議論する中、六通の封筒が発見される。
そこには六人それぞれの「罪」が告発されていた。
犯人は誰か、究極の心理戦スタート。

Amazonで見る

このミステリーがすごい!2022年度版ベスト10国内編 9位

硝子の塔の殺人

雪深き森で、燦然と輝く、硝子の塔。
地上11階、地下1階、唯一無二の美しく巨大な尖塔。
ミステリを愛する大富豪の呼びかけで、
刑事、霊能力者、小説家、料理人など、
さまざまなゲストが招かれる。

この館では、次々と惨劇が、、、

館の主人が毒殺され、
ダイニングで火事が起き、血塗れの遺体。

血文字で記された十三年前の事件。
謎を追うのは名探偵・碧月夜と医師・一条遊馬。
散りばめられた伏線、読者への挑戦状、
驚愕のラスト。

Amazonで見る

このミステリーがすごい!2022年度版ベスト10国内編 10位

雷神

埼玉で小料理屋を営む藤原幸人のもとにかかってきた一本の脅迫電話。
それが惨劇の始まりだった。
昭和の終わり、藤原家に降りかかった「母の不審死」と「毒殺事件」。
真相を知るため、幸人は姉の亜沙実らと、19歳の一人娘・夕見を守るため、
30年の時を経て、故郷へ潜入調査をする。
なぜ、母は死んだのか。父は本当に「罪」を犯したのか。

村の伝統祭〈神鳴講〉が行われた日、事件の発端となった一筋の雷撃。
後に世間を震撼させる一通の手紙。
父が生涯隠し続けた一枚の写真。現代で繰り広げられる悲劇。

ささいな善意と隠された悪意。運命が交錯するとき、怒涛のクライマックスが。

Amazonで見る

まとめ

いかがでしょうか?
今回は、国内のミステリーのランキングをまとめてみました。

興味ある作品があれば、この冬にもぜひ読んでみてください。

今回紹介したこのミステリーがすごい!2022年度版ベスト10国内編

黒牢城

テスカトリポカ

機龍警察 白骨街道

兇人邸の殺人

a href=”https://www.amazon.co.jp/%E8%92%BC%E6%B5%B7%E9%A4%A8%E3%81%AE%E6%AE%BA%E4%BA%BA-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AC-%E9%98%BF%E6%B4%A5%E5%B7%9D%E8%BE%B0%E6%B5%B7-ebook/dp/B08W53NJSZ?crid=1HORMKHF4Q35V&keywords=%E8%92%BC%E6%B5%B7%E9%A4%A8%E3%81%AE%E6%AE%BA%E4%BA%BA&qid=1639715946&sprefix=%E8%92%BC%E6%B5%B7%2Caps%2C266&sr=8-1&linkCode=li3&tag=kotukotumouke-22&linkId=5f8f0b4719df94b3db3c32afcb9ab1ce&language=ja_JP&ref_=as_li_ss_il” target=”_blank”>

invert 城塚翡翠倒叙集

忌名の如き贄るもの

六人の嘘つきな大学生

硝子の塔の殺人

雷神

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました