買ってもらうには読ませること|ポチらせる文章術

Pocket

スポンサーリンク

買ってもらうには読ませること|ポチらせる文章術

今回は、あなたに「ポチらせる文章」の書き方をお伝えします。
ポチるという言葉は元々はスイッチを押すという意味でしたが、ネット上で商品を確定し、
購入ボタンを押して買うという場合に使われますね。

「見てもらう」「共感してもらう」「買ってもらう」


ネット上の文章では、まず「見てもら」って「共感してもら」って
買ってもらうという順番になります。
まず、見てもらわないと当然、買ってもらうまでになりません。

この本には、読まれる提案・キャッチコピー・ボディコピー・商品の認知段階という、
どんな媒体、どんな商品にも有効なコピーのポイントが詰まっています。
販売サイト・ネット広告・メルマガ・ブログ・ホームページ・SNSなど
全てのネット媒体で効果が出ます。

コピーは発信力を上げる


コピーのすごいところは、媒体を問わず発信力を上げられるところです。
著者が運営する「みんなのコピー」という会社のフェイスブックページには1万件以上のフォロワーがいます。
これは著者の情報を求める人が1万人以上いるということです。
この本の文章術を学べば、多くの人が「うわ。気になる。読んでみたい」と思ってもらえるメッセージが、
作れるようになります。

本の内容

【第1章】「興味ねー→いらねー→読まねー」負け組文章からの抜け方
売れない理由は読まれていないから
書く前に成功の80%が決まっている
ほんの数行の提案が「無関心」を「これ欲しい! 」に変える
「読まれる提案」を作る たった1つのシンプルなルール

【第2章】その商品が本当に欲しい人って誰
欲しい人へ、欲しいものを売るための視点1「欲しい人」は意外なところにいる
欲しい人へ、欲しいものを売るための視点2お客さんが本当に「欲しいもの」って何
3ステップ! 「新しいお客さんを生む」提案作り

【第3章】専門的なモノだし、値段も高い。なのに、めっちゃ売れるやん!
どんなに売りにくい商品でも「読まれる提案」は作れる
3ステップ! 「売りにくい商品でもバカ売れさせる」提案作り

【第4章】たった数行で読み手の心をつかむ技術
数行で売上を爆発させるキャッチコピーのスゴさ
「興味ある」を「読まなきゃ!」に変えられるキャッチコピー
売れるキャッチコピーを作る10のテクニック
テクニックを知っちゃった人が陥りがちな落とし穴
今日から使えるキャッチコピー厳選テンプレート
複数のテンプレートを同時に使う
たくさん考え、1日寝かせて、良いもの2つでスプリット

【第5章】書かないほど売れるボディコピーの書き方とは
下手なボディコピーは買わない理由を与えてしまう
ナンパで例える 売れるボディコピーの構成
文章ベタでも短時間で売れるボディコピーを書く裏ワザ

【第6章】1%の人しか知らない どのネット媒体にも効く3大ポイント
売上が2倍、3倍と増え続ける スプリットテスト
はじめてでも失敗しらずのネット広告2つの要点
4つの「商品認知ステージ」を知って つき刺さるコピーを書く
ステージ1「その商品が欲しい、めっちゃ興味を持っている」
ステージ2「その商品を少し知ってるけど、まだ欲しくない」
ステージ3「ベネフィットには興味があるけど、その商品を知らない」
ステージ4「まったく無関心……ってか、要らないんですけど」

【第7章】WEB媒体ごとのツボを知り 倍々で結果を出す
3つのターゲット層にアプローチできる「リスティング広告」
売れる「LP(ランディングページ)」の大前提と構成要素
「ウザい。消えろ」を克服できる「フェイスブック広告」の基本戦略
「メール広告」は件名に「ある要素」を入れると開封率がグンと上がる
「リマケ(リマーケティング)」の効果を爆上げさせる法則とは
「類似オーディエンス」はまず商品認知ステージ3で勝負

まとめ


今回は、ポチらせる文章を書く本を紹介しました。
ポチらせる文章術を読み学ぶことで、
文章の力で商品・サービスを売りたい人はもちろん、
ブログやSNSで発信力を上げたい人に必ず役立つ、ネット文章術が身に付きます。

興味があればぜひ購入してみてください。
ポチらせる文章術

同じ著者のセミナーDVDもあります。
7ステップで売る文章を書く方法 (売れるコピーライティング講座DVD)