国際情勢ジャンル本人気おすすめランキング10選

Pocket


こんにちは、今回は国際情勢に関するジャンルの人気おすすめ書籍を、
まとめてみました。
興味がある方はもちろん、今まで興味がなかった方にも、
面白い本が並んでいます。

では、さっそくいってみましょう。

スポンサーリンク

国際情勢ジャンル本人気おすすめランキング10選

国際情勢ジャンル本人気おすすめ1

その通りになる王道日本、覇道中国、火道米国

世界の覇権を握ろうと野望を隠そうともしない中国と、
それを阻止しようとする米国。
この危機に対して、日本がどう立ち向かうのかを説く一冊。

Amazonで見る

楽天で見る

国際情勢ジャンル本人気おすすめ2

漫画香港デモ激動! 200日

香港で何が起こっているのか?
デモの発端、経緯、そして住民の本音とは?

●自らデモに参加し取材した香港在住の著者による、
現地でしかわからない香港デモの真実と現在点がここに!

●30分でわかる! 漫画で香港デモを総解説!

●倉田徹・立教大学教授による詳細な巻末解説付き!

主人公・秋田浩史は日本の香港に留学中の大学3年生。
香港人の恋人もでき、彼らの抱える歴史的背景などを学ぶなか、
留学終了まぎわの2019年6月、香港で反政府デモが起こる。
香港人たちの「自分の未来は自分で切り拓く」という姿勢に
胸を打たれた浩史自身もまた、デモの中に身を投じることに。

香港人が戦う敵とは何か、 デモの先に何を得るのか?

香港在住の著者が、現地で実際にデモに参加するなかで
目にした現実と、綿密なリサーチをもとにリアリティ
溢れる視点で描きだす、渾身のコミック・ルポルタージュ!

Amazonで見る

楽天で見る

国際情勢ジャンル本人気おすすめ3

マイ・ストーリー

等身大の語り口で力強く胸に迫る、前アメリカ大統領夫人の回想録。
子供のころ、ミシェル・ロビンソンの世界はシカゴのサウス・サイド地区だけだった。
そこでは、一家が居候する家の2階で兄のクレイグと1つの寝室で眠り、
公園で一緒にキャッチボールをした。
両親のフレイザーとマリアンには、堂々と自分の意見を言うように育てられた。
その後、彼女は広い世界に飛び出していく。
プリンストン大学では、教室の中で自分がたった一人の黒人であることもあった。
その後、ガラス張りのオフィスビルではエリートの企業法務弁護士として働いた。
そしてある夏の朝、オフィスに現れたバラク・オバマという法学生に出会ったことで、
それまで綿密に計画されていた彼女の人生は一変する。

『マイ・ストーリー』では、ミシェル・オバマが人生を振り返り、
自分の仕事と家庭、政治家である夫の、
めまぐるしく変わるキャリアとのバランスを取ろうともがいた、
新婚時代も初めて語られる。
バラクが大統領選に出馬すべきかどうかを夫婦で話し合ったときの会話や、
選挙戦で大統領候補の妻として人気を集める一方、
批判にさらされた経験も明かされる。優雅でユーモラス、
そして驚くほど率直な文章で鮮やかに描かれるのは、
世界じゅうから注目を浴びながら、
歴史を紡いだ大統領一家の知られざる生活と、
その特別な8年間を過ごしたホワイトハウスの内幕である。
彼女がアメリカを知り、アメリカが彼女を知っていく経緯。

Amazonで見る

楽天で見る

国際情勢ジャンル本人気おすすめ4

医者、用水路を拓く アフガンの大地から世界の虚構に挑む

「百の診療所より1本の用水路を! 」
白衣を脱ぎ、メスを重機のレバーに代え、大地の医者となる。
──パキスタン・アフガニスタンで1984年から診療を続ける医者が、
戦乱と大旱魃の中、1500本の井戸を掘り、13キロの用水路を拓(ひら)く。
「国際社会」という虚構に惑わされず、
真に世界の実相を読み解くために記された渾身の報告。

Amazonで見る

国際情勢ジャンル本人気おすすめ5

世界を変えた10冊の本

池上彰が独断で選んだ「世界を変えた10冊」をわかりやすく紹介。
誰もが知っている書物の意外な事実を伝えながら、
その歴史的位置づけを徹底解説した、 現代人、必読の書。
・『アンネの日記』が中東問題に影響力をもつその理由とは?
・日本人だけが知らない『聖書』の内容とその歴史
・『コーラン』から見えてくる穏かなイスラム教
・禁欲主義が成功を導く?『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』
・『資本論』は資本主義の欠落を暴き、革命を招いた
・アルカイダの教本『イスラームの原理主義「道しるべ」』の中身
・放射能、農薬……科学の落とし穴を告発していた『沈黙の春』
・『種の起源』が招いた宗教VS科学の対立に悩まされるアメリカ
・経済不況の処方箋となった『雇用、利子および貨幣の一般理論』
・『資本主義と自由』の価値観がリーマン・ショックを招いた

Amazonで見る

楽天で見る

国際情勢ジャンル本人気おすすめ6

データでよみとく 外国人“依存”ニッポン

改正出入国管理法が2019年4月から施行され、
外国人の受け入れ拡大が進む日本。
だが、現実は私たちの想像をはるかに上回る。
もはや企業も自治体も、そして日本社会全体も外国人なしでは成り立たない、
という声が各地で上がっているのだ。
職場の戦力として、地域の一員として、言葉の壁やいじめ、
孤独や老いに悩む一人の人間としてこの国で生きる彼ら彼女らの、
等身大の姿を見つめ直さなければならない。
NHKの特設サイト「外国人“依存”ニッポン」取材班がオープンデータを独自に分析し、
日本社会で進む外国人への“依存”の実態を明らかにする。

Amazonで見る

国際情勢ジャンル本人気おすすめ7

世界を操る支配者の正体

道徳と民族を破壊する4人の洗脳者は誰だ?
ウクライナ危機で世界最終戦争を開始した勢力の裏シナリオ。
元ウクライナ大使、待望の衝撃作!
マスコミは真実を伝えない。
政治家は「その人々」にアクセスできない。
残酷な時代をサバイバルするカギは本書に!

道徳と民族を破壊する4人の洗脳者は誰だ?

ウクライナ危機で世界最終戦争を開始した勢力の裏シナリオ。
元ウクライナ大使、待望の衝撃作!

マスコミは真実を伝えない。
政治家は「その人々」にアクセスできない。
残酷な時代をサバイバルするカギは本書に!

まえがき 最後の希望の旅
第1章 ウクライナ危機は世界最終戦争の序曲
第2章 プーチン抹殺のシナリオ
第3章 ロシアを支配する者が世界を支配する
第4章 国際金融勢力対ロシアの200年戦争
第5章 道徳と民族を破壊する4人の洗脳者
第6章 ディアスポラ化する人類
終 章 歴史認識大戦争に備えよ

Amazonで見る

楽天で見る

国際情勢ジャンル本人気おすすめ8

三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録

韓国では発売後、
3週間で10万部を超える異例のベストセラーに。
「これは禁書になるかもしれない」と今も話題騒然の、
元北朝鮮外交官による暴露本。

金日成に憧れ、金正日に信頼され、そして金正恩を捨てた――。
30年間にわたり平壌心臓部を生き抜いた男が、
金政権中枢の真実を次々と明かす!

・金日成が指示した「ローマ教皇招聘計画」
・ミサイル輸出をめぐるイスラエルとの極秘交渉
・密輸で外貨を稼ぐ外交官たち
・日朝平壌宣言の敗北と偽遺骨問題
・金正男の偽造パスポート事件
・大韓航空機爆破事件の金賢姫は同窓生だった
・金正恩が恐怖政治に頼る本当の理由
・張成沢処刑の引き金を引いた人物
・金正哲と過ごした61時間の全貌

Amazonで見る

楽天で見る

国際情勢ジャンル本人気おすすめ9

マンガ嫌韓流

沖鮎要は、どこにでもいる普通の高校生。
歴史は難しそうで、はっきりいって興味ない。
まして韓国なんて興味あるわけない。
ただ漠然と「日本は韓国に悪いことをした」と思っていた。
学校でそう習ったし、TVや新聞もそういってたから。
しかし日韓共催W杯などをきっかけに「韓国ってなんか変」と感じるように…。

大学生になった要は、韓国を知るため、
歴史サークル「極東アジア調査会」に入会する。
そこで出会った、韓国研究に余念がない先輩たちに導かれて、
韓国の驚くべき実態、そして本当の歴史を知っていくのだった――。

Amazonで見る

楽天で見る

国際情勢ジャンル本人気おすすめ10

レッド・アトラス 恐るべきソ連の世界地図

ロシアではソ連時代に作られたある地図がいまだ機密扱いとなっている。
かつて鉄のカーテンが東西を遮っていたなか、
ソ連はとてつもなく詳細な世界地図を作成していた。
どのように情報を手に入れ、検証し、作図したのか、
口を開く関係者は現在にいたっても一人もいない。
ソ連崩壊のどさくさでたまたま世に漏れた一部の地図をもとに、
ソ連が世界地図を制作した過程を、
ミステリー小説のようにスリリングに暴いていく。

充実した付記では、ソ連製の主要各都市の市街図、
地図を読み解くための記号やルールなどを収録。
本書をもとにソ連の地図を読み解く楽しさも味わえる。
カラー図版約300点。

Amazonで見る

楽天で見る

まとめ

いかがでしたか?
今回は、国際情勢ジャンルの人気おすすめ本を、
紹介しました。
あなたの興味がある本は、ありましたか?

興味がある本があれば、ぜひ手にとってみてください。

今回紹介した国際情勢ジャンル本

その通りになる王道日本、覇道中国、火道米国

漫画香港デモ激動! 200日

マイ・ストーリー

医者、用水路を拓く アフガンの大地から世界の虚構に挑む

世界を変えた10冊の本

データでよみとく 外国人“依存”ニッポン

世界を操る支配者の正体

三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録

マンガ嫌韓流

レッド・アトラス 恐るべきソ連の世界地図